2013年2月アーカイブ

2013年2月26日

[ photo review ] 2/4 いけばなWS第3回「線、色、塊」

2013年2月23日

[ review ] 2/22 あべよしみ「猫の朗読会」

2013年2月19日

[ review ] 2/14-17 演劇「この道はいつか来た道」


演劇「この道はいつか来た道」4日間連続公演を無事終えることが出来ました。 お越し頂いた皆様、応援頂いた皆様、誠にありがとうございました。
続きを読む: [ review ] 2/14-17 演劇「この道はいつか来た道」

2013年2月17日

「DARA DA MONDE」第2号 目次

「DARA DA MONDE」

お待たせしました。
いよいよ、「DARA DA MONDE」第2号が発売されます!
今回も編集代表西川氏のがんばりによりとても素晴らしい内容になりました。

第2号の特集は、芸術と経済の(バランス)です。
静岡の状況やアジアのダンスの事例など多面的に取り上げています。
ほか地元の芸術の状況などをトークやインタビュー、レビューなどで紹介。

2月23日より順次市内書店でご購入頂けるように手配してまいります。
通販でもご購入可能ですのでご希望の場合はメールにてご連絡ください。
ぜひお手にとってお読み頂けるようにお願い申し上げます。

 *写真はトークセッション「アートコレクターの経済圏」の様子

静岡アート郷土史プロジェクト
芸術批評誌DARA DA MONDE第2号 目次

続きを読む: 「DARA DA MONDE」第2号 目次

2013年2月15日

演劇「この道はいつか来た道」の4日連続公演が始まりました。

中山一朗
演劇「この道はいつか来た道」出演の中山一朗さん


スノドカフェでは昨日から演劇「この道はいつか来た道」の4日連続公演が始まった。
今回は音響、映像、照明を担当しているので、とても緊張している。もっとも劇場のような本格的な装置があるわけもないのでどれも単純な操作だが、不慣れな者にはなかなか難しい。昨日は細かなミスがひとつあり納得いく仕事にならなかったが、舞台を壊すこともなくなんとか無事に初日を終えることができた。とにかくホッとしたのが初日の正直な感想。(笑)

それでも前日に観たゲネと比べると、数段見応えがあり最後はついつい作業を忘れ芝居に引き込まれてしまった。シンプルな演劇ゆえに役者のスキルがありありと舞台に現れる。キャリアを数十年築いてきた二人の役者もまたシンプルに演じていた。そこがよかった。

30人も入れば窮屈になる小さな空間で演劇を観ることはとても贅沢なことだと思う。それはどこかにいる誰かに向けてではなく、顔の見える人たちのためだけに演じられるから。その時間と空間を共有できるのは常にたまたま居合わせた人たちだけだ。それはほとんど「選ばれた」人といっても差し支えないと思う。

親密な空間で、役者を間近に、少数しか知り得ない、ある現実を体験する。
ぜひ今週末のスノドカフェでそんな演劇をどうぞ。

N.K.project vol.2
『この道はいつか来た道』
作:別役実
演出:中山一朗
出演:久保庭尚子・中山一朗
日時:2月14日(木) 19:00〜
   2月15日(金) 19:00〜
   2月16日(土) 18:00〜
   2月17日(日) 18:00〜
料金:前売り2,500円 / 当日3,000円

この道はいつか来た道

2013年2月11日

[ review ] 2/10 ブクブク交換

130210_01.jpg

日曜日の昼下がりに本を交換するイベント「ブクブク交換」を開催して頂きました。「ブクブク交換」とは誰でも開催できるオープンソース的なイベントで、静岡では知人が始めたこともありスノドカフェが2回目の会場として選ばれたのです。
ブクブク交換についてはこちらをご覧ください。
ブクブク交換公式サイト

続きを読む: [ review ] 2/10 ブクブク交換

2013年2月10日

[ photo review ] ライブ Gipsy Vibs + 山下佳孝

20130209_01_600.jpg

2013年2月9日、Gipsy Vibs + 山下佳孝のライブ
小さなスノドカフェに入りきれないほどの観客
会場全体が集中し素晴らしい雰囲気の中、4人のセッションが繰り広げられた

続きを読む: [ photo review ] ライブ Gipsy Vibs + 山下佳孝

アーカイブ