« スノドカフェ新店舗オープンのお知らせ | ホーム | 9月のスケジュール »

2014年8月11日

[ photo review ] 7/28 いけばなWS#20「線となにかで」

140728_650.jpg

夏の伸び行く草木たちが構成する「線」
その線を、「なにか」を用い、どう活かすかが今回のテーマです。

花材は、「クルクマ」、「ケイトウ」、「エリンジウム」、「アセビ」、「オンシジウム」、「リョウブ」、「アワ」、「ベニオクラ」、「キイチゴ」、「ベニバナ(枯物)」

花器も上に伸びるものから、水面を活かす平皿まで、大小さまざま。

「なにか」=「花器」として、ベニオクラのような、荒々しい草木を収めた方も。

ともすれば、草木の線と、エリンジウムのようなつぼみを描く曲線とを掛け合わせた方も。



参加回数を重ねたみなさんの花材を選び、生け、完成までのスピードは、テーマに関わらず、早くなっています。
数をこなすことで、自分自身のスタイルが見えてきますね。
月に一度とはいえ、数を積み重ねてきたみなさんの成長が、さらに目覚ましい20回目でした。

来月は8月18日(月)、再来月は9月29日(月)です。
夏から秋にかけて、草花の移り変わりを楽しみにしながら、次回もどうぞお楽しみに。

(staff / 江指)

アーカイブ