2017年10月アーカイブ

2017年10月26日

華道家辻雄貴のいけばなワークショップ@ななげい

20171027_banner700.jpg

ダイナミックに自然と向かい合う
華道家辻雄貴のいけばなワークショップ

講師:辻雄貴(華道家)
日時:2017年9月25日(月) 19:30~
場所:ななげい(村上開明堂七間町第2ビル)Google map
料金:3,000円(花代、ドリンク込)定員15名
*予約不要(直接会場にお越しください)

華道家の仕事だけに留まらず、空間演出、能舞台のプロデュースなど、活躍の場を世界規模で広めている辻雄貴氏。表現は変われど、その根源には常に「いけばな」の思想がある。辻氏は日本の自然観から生み出された「いけばな」を日本古来の芸能やものづくりに接続し、今見せるべき姿でそれを露わにする。今回のいけばなワークショップは、その考え方に触れながら、はなをいけることを実践します。

[ プロフィール ]

辻 雄貴(つじゆうき)
華道家、シャクジ能アーティスティックディレクター
1983年 静岡県出身。工学院大学大学院工学研究科建築学専攻 修士課程 修了。辻雄貴空間研究所 主宰。建築という土台を持ちながら追求する「いけばな」は、既存の枠組みを超えて、建築デザイン、舞台美術、彫刻、プロダクトデザインなど、独自の空間芸術として演出される。人と建築と植物。三つの関係性を考え、植物の生命力と人間の創造力を融合させた空間表現には他に類がない。近年は、国内外問わず様々なブランドとアートワークを発表。世界を舞台に、日本の自然観・美意識を表現している。 また、日本の古来の芸能やものづくりの神の名を冠した「シャクジ能」を能楽師大倉流大鼓方大倉慶乃助と共に旗揚げ。いけばなと能が同時代に生まれたことを前提に、伝統芸能の新しいかたちを提案している。「シャクジ能」では、移動舞台のデザイン・基本設計や舞台美術などを手がけるアーティスティック・ディレクターとしても活動している。 2013年、フランスにて「世阿弥生誕650年 観阿弥生誕680年記念 フェール城能公演」の舞台美術を手がける。 2015年静岡とフランス、カンヌとの文化交流事「シズオカ×カンヌ×映画祭」では、アーティスティックディレクターに就任。 2016年、ニューヨーク カーネギーホール主催公演にていけばなを披露。カーネギーホール史上初の華道家となる。 2017年、スペイン フェリペ6世国王夫妻来日に際して、天皇皇后両陛下ご臨席のもと、静岡浮月楼「月光の間」にて献花・室礼をおこなう。

tsuji02.jpg

ななげいとは。
「めぐるりアート静岡」派生企画として会期中の村上開明堂七間町第2ビルでまずは3週間開講。藝術を媒介に日常生活の中で「学び」を発展、継続するためのプラットフォームを目指しています。

会場:村上開明堂七間町第2ビル > Google map

2017年10月20日

ラウンドトーク『人工地獄』を批判的に読む

20171022_01.jpg
スノドカフェで芸術と社会をめぐる諸相を考える機会を度々提供してくださる劇作家岸井大輔さんが、現在開催中のめぐるりアート静岡派生企画に登場します。

めぐるりアート静岡派生企画
アートプロジェクト
「ななげい(七間町大学芸術学部) を立ち上げてみる」

ラウンドトーク
「参加型アートをアートとして考える方法を巡って
           ー『人工地獄』を批判的に読む」

講師:岸井大輔(劇作家)
日時:2017年10月22日(日) 19:00 - 21:00
場所:村上開明堂七間町第2ビル(静岡市葵区七間町通り)
参加費:一般1,500円 / 学生無料

参加方法:直接会場にお越しください。

プロローグ:『人工地獄』を批判的に読む前に
時間:18:00 - 19:00 / 参加無料
クレア・ビショップ著『人工地獄』や参加型アートに
関する自主学習の時間。岸井大輔さんに直接質問も可。

[ 参照図書 ]
『人工地獄 - 現代アートと観客の政治学』クレア・ビショップ著


「関係」から「参加」へ。現代アートの昨今の大きな潮流として「参加」というキーワードが注目されてます。ビショップ『人口地獄』は世界各地で起きているこの現状を20世紀の初頭に戻って丹念に掘り起こしています。この著書をきっかけに、全国津々浦々の芸術祭を知り尽くす劇作家岸井大輔さんと一緒に「参加」というアートのあり方を熟考してみます。


[ 講師プロフィール ]
岸井.jpg

岸井大輔(きしい だいすけ)
1970年生。劇作家。他ジャンルで追求された創作方法による形式化が演劇でも可能かを問う作品群を発表している。代表作「potalive」「東京の条件」「好きにやることの喜劇(コメディー)」現在blanclasにて「岸井戯曲を上演する」シリーズを月1で行いながら、集団と制作の関係を問い直す「始末をかく」を公開制作中。
https://www.kishiidaisuke.com/

アーカイブ