「DARA DA MONDE」創刊号

静岡発!芸術批評誌創刊!!

第1号は批評はもちろん、座談会やシンポジウムの様子やインタビュー、戯曲に小説まで幅広い読みものがラインナップされています。静岡から発信しますが、それは静岡のアートにとどまるものではありません。ローカルVSグローバルではない新しい視点で芸術を見つめていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

【通信販売について】
通信販売での購入を希望される場合はお申し込みフォームよりご注文ください。
(1)お名前(2)住所(3)数量
費用は本代金500円プラス送料80円となります。
 *お支払い方法は商品到着後指定口座に送金。
 (指定口座はゆうちょ銀行または三菱東京UFJ銀行)

dara da monde

芸術批評誌「DARA DA MONDE」第1号内容

◎座談会
「静岡から芸術を発信すること~次世代アートシーンを担うキーマンたちの集い~」
青木良平(静岡市美術館学芸員)
海野農(静岡シネ・ギャラリー副支配人)
川谷承子(静岡県立美術館学芸員)
榊原幸弘(ギャラリーサイズ代表)
持塚三樹(現代美術家)
横山義志(SPAC文芸部)
司会:柚木康裕(オルタナティブスペース・スノドカフェ)

◎シンポジウム
「地域と劇場の未来とは~"アトリエみるめ"のこれからを考える~」
野村政之(こまばアゴラ劇場制作者)
松本茂章(静岡文化芸術大学教授)
渡辺亮史(演出家、アトリエみるめ代表)
司会:西川泰功(ライター、「DARA DA MONDE」編集代表)

◎創作
戯曲「哲学劇馬鹿の国と阿呆の国」
大岡淳(演出家、劇作家、評論家、パフォーマー)

小説「物語をしらない小鳥たち」
間宮緑(小説家)

インタビュー
「HIP HOPから自然発生したポエトリーリーディング~『夢の背中』までの軌跡~」足助知哉/尖閣(ラッパー)

「建築の仕事とコミュニティの再編を考える」
大橋史人(建築家)

「絵のために絵を描くのか~美術の本領について~」
奈木和彦(現代美術家)

批評
「来るべきローカル映画のために」
葛生賢(映画作家、映画批評家)

「ポエトリーリーディングに関する走り書き的覚え書き」
佐藤雄一(詩人)

「日独交流一五〇周年静岡・ブレーメン国際交流PROJECT DECWAS展評」
堀切正人(静岡県立美術館上席学芸員)

随筆
「Post-apocalypse目次録篇第一回ウィリアム・S・バロウズ」
蒲菖亭(古書店主)

レビュー
「姜泰煥田中泯DUO」
小林旬(静岡音楽館AOI学芸員)

創作論
「写真行為--被写体への帰還」
古池大介(メディアデザイナー)

ほか



第2号の情報はこちら↓
「DARA DA MONDE」「DARA DA MONDE」第2号


静岡アート郷土史プロジェクト
芸術批評誌「DARA DA MONDE」(だらだもんで)


芸術も「地方の時代」か----未来への創造力を、いま、静岡から。


「DARA DA MONDE」(だらだもんで)は、静岡市清水区にあるオルタナティブスペース・スノドカフェが発行する芸術批評誌です。静岡での芸術活動を紹介しつつ、批評を通して作品や活動の価値を問い直し、地域のアート史を蓄積することを目的に刊行します。


■静岡発の芸術活動に、どんな困難や可能性があるのか

大都市圏で活発だと思われがちな現代芸術ですが、静岡にも独自の視点から活動を行うアーティストたちがいます。本誌は、芸術批評を通じて、地方で芸術活動を続けることの魅力や難しさを浮かび上がらせます。「地方の時代だ」と頻繁に言われる昨今、文化芸術の側面から未来を検証し、地方発の芸術、その可能性を探究する試みです。静岡発の芸術批評誌「DARA DA MONDE」(だらだもんで)にご期待ください。

■静岡の多彩なアートシーンを交差させる

美術、演劇、ダンス、映画、文芸など、誌面で扱うジャンルは多岐に渡ります。展評や劇評などのレビューのほか、芸術評論やアーティストのインタビュー、また文芸創作まで、静岡発の芸術を網羅し、分断された活動ジャンルの交差点をつくります。これまでに出会うことのなかったアーティスト、またその卵たちが、この批評誌を通じて出会い、お互いに刺激を受け、創作活動へ還元することができる批評空間を提供します。

批評募集――アマチュアの書き手を育てる場所に

本誌編集部は、芸術活動の底上げには鑑賞者の批評能力を育てることが必須だと考えています。そこで本誌では、アマチュアによる批評文を掲載します。書き手の特徴に見合った形で批評活動をはじめ、その成果を問うことのできる仕組みをつくります。
◎字数:400字/2,000字/10,000字のいずれか ◎批評対象:静岡県内で行われている展覧会や演劇公演などの芸術活動なら何でもかまいません。 ◎寄稿先:E-mail ddm@sndcafe.net編集代表・西川宛、郵送 静岡県静岡市清水区上原1-7-3 オルタナティブスペース・スノドカフェ内「DARA DA MONDE」編集部宛

ボランティアスタッフ募集中!

編集、取材、執筆、DTPなど、ご興味のある方はぜひご協力ください。条件は本誌の活動趣旨に賛同してくださる方。経験者はもちろん、未経験者も歓迎です。お問い合わせ:オルタナティブスペース・スノドカフェ内「DARA DA MONDE編集部」
TEL.054-346-7669 
E-mail : ddmアットマークsndcafe.net

■販売価格:500円(税込)
■販売:静岡県内の書店やギャラリーのほか、インターネットでの通信販売を予定。

■編集代表:西川泰功
■発行者:柚木康裕(オルタナティブスペース・スノドカフェ)

【取り扱い店舗一覧】(2012年3/4現在)*取扱開始順

 <書店>
 ・戸田書店静岡本店(2F芸術コーナー)
 ・谷島屋呉服町本店
 ・MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店(新静岡セノバ5F)
 ・江崎書店小鹿店
 ・戸田書店江尻台店
 ・江崎書店パルシェ店
 ・谷島屋曲金店
 ・谷島屋流通通り店
 ・谷島屋有東坂店
 ・戸田書店城北店

 <ショップ・その他>
 ・鳥仙珈琲(静岡市葵区瀬名)
 ・あべの古書店(葵区浅間通り)
 ・ギャラリーyellow passion(焼津市)
 ・大野カメラワークスギャラリーとりこ
 ・静岡市美術館ミュージアムショップ&カフェ
 ・静岡県立美術館ミュージアムショップ

【通信販売について】
通信販売での購入を希望される場合はお申し込みフォームよりご注文ください。
(1)お名前(2)住所(3)数量
費用は本代金500円プラス送料80円となります。
 *お支払い方法は商品到着後指定口座に送金。
 (指定口座はゆうちょ銀行または三菱東京UFJ銀行)

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできる企画を展開しています。

清水(狐ケ崎)と静岡(七間町)でカフェを営業しながら、様々なイベントを開催。
■ 清水店は現在イベント開催時のみオープンとなります。
■ 静岡店のカフェ営業は水曜日から日曜日まで。イベントは随時開催。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール 2F2F
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【電話】054-346-7669
【メール】お問い合わせフォーム