マンボウのひみつ


静岡マンボウ祭り 〜『マンボウのひみつ』出版記念トーク 〜

スピーカー:澤井悦郎(『マンボウのひみつ』著者
日時:2017年10月7日(土) 19:00 - 21:00
場所:スノドカフェ七間町
参加費:1,500円(1D付、マンボウナゲット付)
予約優先

トークと並行してライブペインティングのパフォーマンスもあります。
Artist:ミサキ

静岡おでんを限定販売いたします。(一皿5本500円)

■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■

岩波ジュニア新書から8月に出版された『マンボウのひみつ』。
それを記念して著者澤井悦郎氏によるトークイベントを開催します。
澤井氏は出版に先駆けて「タモリ倶楽部」にも出演。マンボウひとつでタモさんを唸らせた変人です。笑)
ぜひ、そのマニアぶりを見聞してください。きっとマンボウのことを何にも知らなかったって初めて気付くでしょう。(そもそもマンボウのことを考えることがないですけど!>_< 笑)

熱々のマンボウナゲットを用意してお待ちしています〜。^ ^

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム


[ 関連情報 ]
amazon マンボウのひみつ (岩波ジュニア新書)

『常陸佐竹市 市民のしおり』刊行トーク


『常陸佐竹市 市民のしおり』刊行トーク
オルタナティブな「市」を作る

スピーカー:岸井大輔(劇作家)、深澤孝史(美術家)

日時:2017年9月28日(木) 19:30 - 22:00
場所:オルタナティブスペース・スノドカフェ
参加費:2,000円(本代込、1drink)


オルタナティヴスペースが話題になるのは、現実の政治や世界があまりにひどいことになっているので他の可能性(オルタナティヴ)を示す必要がある、ということでしょう。ところで、昨年秋、深澤孝史は、芸術祭参加作品として、ホンモノの郷土資料館の説明を書き換えて、架空の、しかし実際にありえた別の「市」を提示しました。しかも、この架空の「市」は市民証を発行し、市民の中から自主的に市長の立候補者が出て活動が継続されています。文字通りの「革命」であり「ハッキング」であり「オルタナティヴの提示」であった「常陸佐竹市」の記録集が刊行されます。

深澤は、アート業界内で「地域アート」とクサされる界隈ではとても有名なのですが、アート業界の中では語られることがないようです。が、岸井は、アジアの現実の中で政治とアートの関係を考えるとき重要な作家であると思います。深澤を、地域の言語とアートの言語の両方で語るために、深澤の地元静岡で常陸佐竹市を語るイベントを開催します。

芸術祭に関心がある人には賛成・反対問わず考えるに値する作品だと思われます。奮ってご参加ください。(岸井)


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

20170922_banner510.jpg


パフォーミング・アーツ グローバルスタディーズ Vol.2

今日の世界は演劇によってモノマネできるか?
 ――大岡淳戯曲選集――

第1部 大岡淳戯曲5選 名場面リーディング
 出演:蔭山ひさ枝 (劇団渡辺)、大岡淳
第2部 批評と対談
 ゲストコメンテーター 藤田直哉

日時:2017年9月22日(金) 19:30-22:00
場所:スノドカフェ七間町(静岡市葵区七間町7-8)
参加費:1800円(税込、1Drink付)*学割 1,000円
*予約不要


今年で芸歴25年となる大岡淳さんの戯曲作品の軌跡をたどりつつ、表象不可能な世界を表象するという逆説的な営為に、大岡戯曲が成功したか失敗したかを検証し、これにより、パフォーミングアーツを通して世界に触れる具体的な方法について考えていきます。ゲストコメンテーターとして、著書『シン・ゴジラ論』で話題の評論家、藤田直哉さんをお迎えします。


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

[ 重要なお知らせ ]
台風18号が接近しておりますが、ライブは予定通り開催いたします。
ただし暴風域に入るなど、状況によっては中止する場合もございますのでご承知ください。
その場合はすみやかにHP等で報告いたします。


20170917_flier02.jpg


シンガーソングライター丸山研二郎率いる空の灯音楽隊レコーディングメンバー9名が揃うライブを開催します。

空の灯音楽隊LIVE Vol.2
出演 丸山研二郎と空の灯音楽隊、布施安寿香(guest)
日時:2017年9月17日(日) 開場15:00/開演16:00(終演18:00予定)
会場:静岡市民文化会館B展示室
料金:¥2,800- (1drink付)

※市民文化会館ロビー棟1階、スノドカフェ3号店にてドリンク引き換え。会場内でお召し上がり頂けます。

要予約
*スノドカフェ各店舗あるいは電話、及びメールで承ります。


【チケット取扱・お問い合わせ】

スノドカフェ 清水 TEL 054-346-7669
スノドカフェ 七間町 TEL 054-260-6173
静岡市民文化会館店でもお買い求め頂けます。
メール:お問い合せフォーム

ゲンロン0観光客の哲学


「ゲンロン0観光客の哲学」読書会

日 時:平成29年8月29日(火)19:30〜21:30
場 所:スノドカフェ七間町(静岡県静岡市葵区七間町7−8)
参加費:無料(ただし、ドリンク等注文をお願いします)
定 員:10名
主 催:伊藤允彦


 批評家の東浩紀さんによる、約3年ぶりの単著である「ゲンロン0 観光客の哲学」の読書会をやります。 東さんの著作である『存在論的、郵便的』『動物化するポストモダン』『一般意志2.0』『福島第一原発観光地化計画』『弱いつながり』の続編とも捉えることのできる本著は、それゆえに非常に射程の広い内容となっています。
 今回の読書会では、特定の共同体に所属しつつ、消費の欲望に基づいて時折別の共同体を訪ねる「観光客」を切り口に、静岡の「観光客」について考えることができたらと思っています。


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

「星ノ飛ブ夜」2017夏ライブ@静岡公演


上々颱風のヴォーカル西川郷子率いるバンド公演!

「星ノ飛ブ夜」2017夏ライブ@静岡公演
出演:西川郷子(ヴォーカル)
   小沢あき(ギター)
   関根真理(パーカッション)

日時:2017年8月12日(土) 開場18:30 開演19:00
料金:¥2,000- (要1drinkオーダー)
場所:スノドカフェ七間町(静岡市葵区七間町7-8)
   TEL : 054-260-6173

about 星ノ飛ブ夜
上々颱風のヴォーカル、西川郷子がオリジナルソングを歌うプロジェクトとして、ギタリスト小沢あきと05年にスタート。唯一無二の世界観で多くの人を魅了する。
07年 CD『 郷音 ~hibiki~ 』発表。繊細かつ攻撃的、深淵なソングスはCDレビュー雑誌等で絶賛される。
様々なゲストを迎えたコンサートを続け、2013年、パーカッション関根真理を加えたトリオを結成。


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

Laika Came Back コンサート静岡公演

日時:2017年7月30日(日) START: 16:30 (open 16:00)
場所:オルタナティブスペース・スノドカフェ(清水/狐ケ崎)
料金:前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500
   ( 1ドリンク別 )

オフィシャルウェブサイト
http://laikacameback.blogspot.jp/


[ チケット販売サイト]
PassMarket (Yahoo JAPAN)
Laika Came Back コンサート静岡公演


[ お問い合わせ ]
電話:054-346-7669(12:00~20:00)
メール:お問い合せフォーム

NY滞在から見えてきた「演劇」と「アジア」


パフォーミング・アーツ グローバルスタディーズ

アジアのパフォーミング・アーツを考える(1)
NY滞在から見えてきた「演劇」と「アジア」
横山義志(SPAC文芸部、博士[演劇学・パリ10大学]、
     学習院大学非常勤講師)

日付:2017年7月25日(火) 19:30 - 21:30
場所:スノドカフェ七間町(静岡市葵区七間町7-8)
参加費:1500円(税込、1Drink付)
*予約不要
*問い合わせ(スノドカフェ七間町)
 TEL : 054-260-6173 / mail : info@sndcafe.net

横山氏はアジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)のフェローシップを獲得し、NYマンハッタンに6ヶ月滞在し、NYの演劇状況とアジア系アーティストの動向などを研究されました。多くの演劇関係者と出会う中で、それぞれが抱えているリアルな現状が見えてきたそうです。氏の研究対象がヨーロッパからアジアへ移行/回帰していくなかで、NYはどのようなアジアを照射したのでしょうか。パフォーミング・アーツの事象ですが、経済の問題として、政治の問題として、ナショナリティの問題として読み込むこともできるでしょう。そして同じアジア人の問題として知っておきたいことでもあり、今回このような対話イベントを企画しました。どなたさまも興味に引きつけてご参加ください。お待ちしております。

[ こんな話を聞いてみたい。。]
・地政学的にNYの演劇はどういう位置づけか
・アジアの同時代的な舞台芸術の難しさとは
・アジア系アメリカ人とアジアの関係は
・日本の取るべき進路は

[ こんな人に得に聞いてほしい ]
アートマネジメントを学んでいる。
舞台芸術に携わる方。
NYに興味ある方。
ACCに興味ある方。
留学を考えている方。
学生。
アジアに興味がある方。

[ イベント前後に飲食が可能です ]
職場から駆けつけて、お腹が空いたままでは対話に集中できないですね。
サンドイッチやカレーなどご用意しています。どうぞご利用ください。

20170714_banner510.jpg

太陽の珈琲豆コナコーヒーの生産者がやってきます!

Kona Coffee Farmer's Story
(トークイベント、英語、通訳あり)
ハワイ島でコナコーヒー園を営むDr.Weigelt氏がコナの魅力を伝えます。

スピーカー:Kurt Weigelt (Ph.D.)
日時:2017年7月14日(金) 19:30 - 21:30
料金:1,000円(税込、ドリンク付)

要予約:予約方法(FB参加ボタン、メール、電話)

Weigelt氏は現在ハワイ島に住んで、コーヒーとマカデミアナッツを生産しています。
ハワイ島のコーヒーといえば世界的に有名なコナコーヒーです。有機栽培で丹精込めた生産しているコナコーヒーができるまでの物語を写真とヴィデオとともにお伝えします。また氏はB&B「A Beautiful Edge of the World Bed & Breakfast」も経営しており、その様子もお話し頂く予定です。どうぞお楽しみに。

A Beautiful Edge of the World Bed & Breakfast


[ profile ]

Kurt Weigelt

Early life -- supersonic jet pilot

Middle life -- Full professor at the Korea University of Foreign Studies in Seoul, author of 6 books

Later life -- coffee and macadamia nut farmer in Kona, founder and first president of the Hawaii International HOPE Foundation, farmer consultant in Malawi, Africa, writer for United Nation's International Council of Women

Married -- Kanae Naruoka of Shizuoka City in 2002, 11 year old daughter Jenna Mari


[ こんな人に特に聴いてほしい ]
ハワイ好き!コーヒー好き!自然が好き!
農業に興味ある。英語を話したい!
ゲストハウス、B&Bに興味ある!

[ イベント前後に飲食が可能です ]
職場から駆けつけて、お腹が空いたままではお話しに集中できないですね。
軽食やこの日限りのハワイ料理などご用意いたします。どうぞご利用ください。

このイベントは【 スノドカフェ七間町 】で開催します。

20170708_flier01.jpg


Ayano Ichiyanagi solo exhibition
[ 日々をまとう 2017 -日傘とヘアバンド - ]
セミオーダー会
日時:2017年7月8日(土) 13:00 - 20:00
場所:スノドカフェ七間町
 ご来店の際は1オーダーをお願いします。


日々の中で感じる季節や、景色の移り変わりを描いたテキスタイル。

一点ものの手染め生地と、繊細な表現を印刷したプリント生地をそれぞれご用意。

お好きな生地で日傘をお作りします。

また、帽子屋「evo-see(エボシ)」とのコラボしたヘアバンドも展開。

夏の装いに、日々の彩りに、ぴったりな"ひとつ"を見つけにいらしてください。


[ プロフィール ]

一柳綾乃 Ayano Ichiyanagi

静岡県出身、京都在住。絵描き・作家。
豊かな環境の中 生まれ育ったことから、自然をモチーフにした作品を制作。平面作品以外に、ライブペインティング・服飾ブランドとのコラボ・ワークショップ講師など
様々な「絵」のジャンルで活動をしている。

HP -- ayanoichiyanagi
Twitter -- @ayanagi_059
Instagram -- ayanoichiyanagi


evo-see(エボシ)/ 加藤憲司

京都出身・在住。 自分の頭のサイズに合う帽子が無かった事がきっかけで、カスタムメイド専門の帽子店「evo-see(エボシ)」を立ち上げる。
型紙から縫製までの全ての工程を1人で手掛けているため、イラストや写真からでも形に起こす事が可能。現在まで約1000組のお客様の悩みに応え、帽子の楽しさを伝えている。

Facebook -- https://m.facebook.com/evosee

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)