6/7(金) コンドルズプロデューサー勝山康晴と考える ダンス王国Shizuoka建国

<トーク&ディスカッション>
コンドルズプロデューサー勝山康晴と考える
ダンス王国Shizuoka建国

主催:静岡コミュニティダンスプロジェクト実行委員会
協力:静岡市民文化会館

日時:2013年6月7日(金)19:00〜21:00
料金:1,500円(1drink付)
定員:30人(要予約)
場所:オルタナティブスペース・スノドカフェ

<ご予約・お問い合せ>
電話:054-346-7669(12:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム



コンドルズを知ってますか。

コンドルズとはオヤジたちが学生服を着てステージを縦横無尽に踊りまくるダンスカンパニーです。コント(オヤジギャグ?)あり、芝居あり、映像なんかもあり、始まりから終わりまでエネルギッシュに進む舞台は一見の価値あり。まあ同じオヤジ世代として、あそこまでやってくれたらあっぱれです。

 所属する多くのダンサーは他に職業を持っていて、幼い頃からダンスの修業を積んだものは少ないということ。プロも素人同然な人も同じ舞台に立つコンドルズですが、その集団を束ねエンターテイメントの域に引き上げてしまうのがリーダー近藤良平氏です。数々の武勇伝を持つ近藤良平氏はまさにダンスのために生まれてきたような人。(に、僕には見える。) 彼の演出により舞台はプロフェッショナルなショーとして上演され、多くのファンを獲得してきました。今ではその評判は広がり、集客に苦労しがちな他ダンス団体が羨ましがるほどに多くのお客を集めています。

 たしかに人気を獲得しているのは近藤氏の才能がその源泉ですが、忘れてはいけないのはダンサーでコンドルズプロデューサー勝山康晴氏のカンパニーマネージメントです。以前お話しを聞く機会があったがコンドルズを売り出していく過程の話は大変興味深いものでした。やはり才能があるだけで、簡単に人気を得られるのではなく、それを有効に活用するしたたかな戦略があることに気づきます。

・・・

とまあ、前振りはこのあたりにして。^ ^;

7月6日(土)、7日(日)に静岡市民文化会館で行われる市民によるエスパルスオフィシャルダンスミュージカル「GO!!ALL」のプロデューサーでもある勝山康晴氏のトーク&ディスカッションをスノドカフェで開催していただくことになりました。テーマはずばり「ダンスと社会」。近年、静岡では市民コンテンポラリーダンスチームが誕生し創作発表を行うなど新しい動きが見られます。また昨年は学習指導要綱の改訂によりダンスが必修化されることで社会的な話題となりました。現在もダンスはホットトピックでしょう。

今なぜダンスなのか?、ダンスは社会で一体何が出来るのか?という素朴な疑問を改めて勝山さんに聞いてみたいと思います。ぜひ皆様もお気軽にご参加ください。(スノドカフェ・柚木)


【関連HP】
コンドルズ公式HP
エスパルスオフィシャルダンスミュージック「GO!!ALL」

<ご予約・お問い合せ>
電話:054-346-7669(12:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)