2015年3月アーカイブ

NPO静岡ラーニング・ラボが開催しているリベラルアーツカフェをスノドカフェで再び開催いたします。
今回のテーマはすばり「カフェ」。ヨーロッパで生まれた対話の場、表現の場としてのカフェを考察するようです。今、カフェを考えることは新しい公共のあり方を考えていくことでもあるでしょう。サードプレイスの必要性が高まる中、カフェの機能は「まったり」だけでなく、新たな関係性を生み出す場となっていってほしいと思います。

話題提供者はフランスのカフェ文化について研究されている飯田美樹さん(カフェ文化研究家/東京大学大学院情報学環特任助教)。
深い話を聞くことができそうで本当に楽しみです。

どなた様も参加可能です。
気軽にご参加ください。

(text 柚木)

【開催概要】

●日時:H27年3月28日(土)
   14時30分~16時30分(受付開始14時00分)
●場所:スノドカフェ七間町
(静岡県静岡市葵区七間町7-8 静岡北ワシントンプラザホテル横)   
●参加費 1000円 / 学生500円(1ドリンク付き)

●主催 NPO静岡ラーニング・ラボ
◯共催 オルタナティヴスペース・スノドカフェ
◯協力 静岡大学イノベーション社会連携推進機構

リベラルアーツカフェブログ
リベラルアーツカフェFacebookページ

<ご予約・お問い合せ>
電話:054-260-6173(11:00~24:00)
メール:お問い合せフォーム

about
リベラルアーツカフェ
普段はなかなかお話しする機会のない方々と、静岡の知識、知恵、教養についてじっくりと語り合ってみませんか。
新しい世界、仲間、自分をともに楽しみましょう。
どうぞお気軽に、ご参加ください。

NPO静岡ラーニング・ラボ
リベラルアーツカフェ実行委員会
【代表】東京大学 学際情報学府博士課程 宮田舞
【世話人】静岡大学教育学部准教授 藤井基貴


【概要】

第30回リベラルアーツカフェ シリーズ:グローカル教育論
『カフェでの自由を考える』

Think Globally, Act Locally
―地球規模で考えながら、自分たちの地域で活動する―

今年度のテーマは2012 年度からの継続企画「グローカル教育論」。
さまざまな分野の専門家のお話をうかがい、「グローカル」をキーワードに「教育」について語り合います。
地域社会に軸足を置きながら、私たちは世界とどのように向き合うことができるのでしょうか。

今回のリベラルアーツカフェでは、フランスのカフェ文化について研究されている飯田美樹さん(カフェ文化研究家/東京大学大学院情報学環特任助教)をゲストにお招きします。
自由で文化的な拠点となりうるカフェとはどのような場なのでしょうか。
出会いと対話、自由な表現の場として機能したフランスのカフェ、そして日本での事例を中心におうかがいします。

みなさまのご参加をお待ちしております。

◯話題提供者
飯田美樹さん(カフェ文化研究家/東京大学大学院情報学環特任助教)

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)