5/22(日) [演劇] Mama-チャリカルキ vol.11「Vaga音頭(bond)」

Mama-チャリカルキ vol.11「Vaga音頭(bond)」
出演者:森 奎伍・ビーグル大塚・森 耕平(チャリカルキ)
    早野実紗(ナイスコンプレックス)
    久門 海(劇団中原瑞紀)
脚本:ビーグル大塚
演出:チャーリー軽木

日時:2016年5月22日(日)16:00〜 ( open 15:40 )
料金:1,999円(税込。全席自由)*要1ドリンクオーダー
場所:オルタナティブスペース・スノドカフェ(清水・狐ケ崎)

[ ご予約 ]
ママチャリ11「Vaga音頭(bond)」予約フォーム

[ ストーリー ]
あなたと生きた日々が、私の中で踊っている。
古びたランプが灯るお店。祭りの実行委員の兄妹は、
忘れ去られた盆踊りを復活させようと人々を集めるが、
そこで幼馴染の了子は、ある人物と奇妙な再会をする。
集められた人々の意外な事実が明らかになる中で、
ある「可能性」を前に了子が下した決断とは?
チャリカルキがご当地ゲストも巻き込んでお送りする、
一時間のコミカルな幻想劇。

<お問い合せ>
電話:054-346-7669(12:00~20:00)
メール:お問い合せフォーム


「Mama-チャリカルキ」とは東京の劇場で公演を行っている劇団チャリカルキが、普段劇場に足を運ぶ機会のない人にも気軽に演劇にふれていただきたいという思いから2006年より始めた、居酒屋・カフェなどを会場にして行う演劇公演です。

会場が日替わりになることで同じ物語にも全く違う印象を与え、音響・照明は極力お店の物を使用し、役者の登退場はお店の入り口を使うなど、会場をそのまま劇場空間にする公演形式は観客を巻き込む新しい演劇スタイルとなっています。


団欒について
「Mama-チャリカルキ」では公演後に、ご希望のお客様を交えての打ち上げ「団欒(だんらん)」(チケットとは別料金)を行います。

通常、劇場での公演後にも打ち上げはありますが、劇場で打ち上げが行われる機会は少なく、お客様としては、なかなか参加しにくいものです。
その点、「Mama-チャリカルキ」では、終演後に即、会場となったそのお店で「団欒」が始まりますので、気兼ねなくご参加いただけます。
過去の「団欒」では、創作の経緯や稽古でのエピソード、ストーリーの疑問点などの話で盛り上がり、お客様とチャリカルキとのコミュニケーションの場として、とても好評をいただいております。
お時間がございましたら、是非ご参加ください。お客様の生の声をお聞かせください。

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)