6/29(水)-7/18(月)「Koutarou Kawamura Exhibition : 2013 - 16 works」

この展示は【 スノドカフェ七間町 】で開催します。

Koutarou Kawamura Exhibition : 2013 - 16 works

Koutarou Kawamura Exhibition : 2013 - 16 works

会期:2016年6月29日(水) ~ 7月18日(月)
時間:12: 00 ~ 24 : 00
場所:スノドカフェ七間町(静岡市葵区7−8)→ map

*他イベント開催時にはご覧頂けない場合もございます。


レセプションパーティー
2016年7月2日(土) 18 : 00 ~ 24 : 00
入場料:540円(1drink fee)
DJs : KAJI , NOBE , Graphyte
場所:スノドカフェ七間町(静岡市葵区7−8)→ map



スノドカフェ七間町では今月29日より静岡在住のアーティスト河村康太郎氏の平面作品を展示します。

河村氏の作品はグラフィカルでクールなイメージが極めてデジタルな創作結果であるように感じさせるが、実は職人的アナログの技によって出来上がっている。強い印象を残す画面上のストライプ模様はすべて手作業によるもの。その手作業ゆえの偶然、ひらめきを即興的に取り込むことによる視覚的効果が作品に深みを与えている。

一見すると1950~60年代に流行したオプティカル・アートの系譜なのだが、そうではなくピエト・モンドリアンのような抽象絵画的な指向性に注目してみたい。つまり作品はイリュージョンを生み出すことへのこだわりではなく、イメージがどのように抽象化されていくのかというプロセスにフィティッシュな問題意識があるのではないか。もっとも河村氏の作品は単純な抽象化を拒むように元イメージが背後に透けて見える。

「形象・階層・反復」というワードが無限のパターンとなって再現(representation)されていく。アーティストはこの先にどこに向かうのだろうか。この4年間に製作した展示作品約30点から来るべき未来を想像してみたい。

柚木康裕(オルタナティブスペース・スノドカフェ代表)



2012年の初個展以降、時間が空けば常に制作に費やしてきたこの4年間。大作から小品まで50点以上の未公開作品が貯まりました。いくつもの壁を越え、また根幹は変わらずに、都市を主なテーマとして据え、視覚効果に傾倒した作品郡は約20程の主な技法により成り立っています。今回は約30点、全体から一定の水準以上の物を基本に、世界観を伝える作品を選びました。ずっと皆さんに見せたかった、本当の自信作ばかり、満を持してお届けします!
レセプションパーティーは会期最初の土曜日!
DJ陣にKAJI、NOBE、に加え自分も回します。お通し的につまめるフリーの軽食の他に、食事メニューもございます◎

入り口にてドリンク一杯の代金540円をお支払い下さい。
ノベルティーのハガキも解放中なので、お話しながらお気に入りを一枚選びましょう◎

物販にはおなじみ一点モノTシャツを。
今回はベルクロを大胆に使用したフューチャリスティックなフロントデザイン。ブランドタグもマジックテープワッペン仕様。お楽しみに◎

また、来場者へのノベルティーもご用意。
一点モノのハガキを100枚刷りました。内60枚はオリジナルTeeブランドeastwardのステッカー封入◎是非にお早めのお越しをお待ちしております!

河村康太郎(アーティスト)

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)