7/17(日) 新潟ナイト 〜Noism金森穣に訊く舞台芸術茶話会〜

Noism金森穣に訊く舞台芸術茶話会

新潟ナイト
〜Noism金森穣に訊く舞台芸術茶話会〜

出 演
ナイト:金森穣(Noism芸術監督)
チューター:奥野晃士(SPAC俳優)
司 会:柚木康裕(オルタナティブスペース・スノドカフェ代表)

日時:2016年7月17日(日)15:00 - 17:00
場所:スノドカフェ七間町
   〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町7−8
料金:2000円(ワンドリンク付、税込)
   学割席800円(ワンドリンク付、税込、大学生以下10名限定)
*ご予約優先(席に限りがございます。ご予約はお早めに)

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:ご予約・お問い合せフォーム


今回のナイトシリーズは『ラ・バヤデール』静岡公演(静岡芸術劇場)を目前に控えた新潟市の劇場専属舞踊団Noismの芸術監督金森穣氏を迎えます。カンパニーの設立以来、優れた舞踊作品を世に送り出し続け、常に注目を浴びている金森氏。新作劇的舞踊『ラ・バヤデール』はもちろん、これまでのNoismでの活動のお話などを通じて、その創作の源に迫っていきます。また新潟市の文化政策の取り組みやヨーロッパ時代の舞台芸術を取り巻く環境など地域と芸術にまつわる話題も取り上げますので、まちづくりに関心のある方にも聞き逃せない内容になるでしょう。当企画の発案者であり、劇的舞踊『カルメン』『ラ・バヤデール』、Noism0『愛と精霊の家』など、Noism作品への客演でも知られるSPAC俳優の奥野晃士がチューターをつとめ、参加者の理解を助けます。舞踊の奥深さ、舞台芸術の多様な広がりを知ることで、鑑賞する楽しみがますます増えるような時間を提供いたします。どうぞお楽しみに。

TALK : ナイト(騎士)シリーズ
SPAC俳優で街援隊アート・ムーブ主宰奥野晃士とオルタナティブスペース・スノドカフェ代表柚木康裕の協働によるトークイベント。各界で活躍する様々なナイト (ゲスト)を迎えて、その道を究めた者が持つ叡智、創造性に迫ります。同時にナイトに関連した土地にもフィーチャーし、新たな魅力を紹介します。


[ プロフィール ]

金森 穣 Jo KANAMORI
演出振付家、舞踊家。りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館舞踊部門芸術監督、Noism芸術監督。17歳で単身渡欧、モーリス・ベジャール等に師事。ルードラ在学中から創作を始め、NDTⅡ在籍中に20歳で演出振付家デビュー。10年間欧州の舞踊団(ネザーランド・ダンス・シアターⅡ、リヨン・オペラ座バレエ、ヨーテボリ・バレエ)で舞踊家/演出振付家として活躍したのち帰国。'03年、初のセルフ・プロデュース公演『no・mad・ic project ~ 7 fragments in memory』で朝日舞台芸術賞を受賞し、一躍注目を集める。'04年4月、りゅーとぴあ舞踊部門芸術監督に就任し、日本初となる公立劇場専属舞踊団Noismを立ち上げる。海外での豊富な経験を活かし次々に打ち出す作品と革新的な創造性に満ちたカンパニー活動は高い評価を得ており、近年ではサイトウ・キネン・フェスティバル松本での小澤征爾指揮によるオペラの演出振付を行う等、幅広く活動している。'14年6月より新潟市文化創造アドバイザーに就任。平成19年度芸術選奨文部科学大臣賞、平成20年度新潟日報文化賞ほか受賞歴多数。 www.jokanamori.com


奥野 晃士 Akihito OKUNO
1968年、兵庫県淡路島生まれ。2000年よりSPAC-静岡県舞台芸術センターの専属俳優。主な出演作品に、鈴木忠志演出『イワーノフ』(チェーホフ作)(イワーノフ役)、宮城聰演出『夜叉ケ池』(泉鏡花作)(山沢学円役)など。一流音楽家と共演し、文学作品を使って独自のパフォーマンスを展開する「動読(どうどく)」も好評。その他、「リーディング・カフェ・ツアー」の立案、WSの講師等、SPACアウトリーチ活動の草分けとして、また若林豪との共演で話題になった「ふじのくにお寺ムーブメント」等のライフワークを通して、演劇で地域の活性化を目指し、"会いに来てくれる俳優"を自負して、舞台以外の活動も展開している。街援隊アート・ムーブ主宰。


Noism(ノイズム)
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館が舞踊部門芸術監督に金森穣を迎えたことにより、日本初の劇場専属舞踊団として2004年4月設立。正式メンバーで構成されるメインカンパニーNoism1(ノイズムワン)と研修生が所属するNoism2(ノイズムツー)の2つのカンパニーからなり、新潟を拠点に日本国内をはじめ海外8か国11都市でも公演を行っている。'09年にはモスクワ・チェーホフ国際演劇祭との共同制作、'11年にはサイトウ・キネン・フェスティバル松本制作のオペラ&バレエにカンパニーとして参加する等、その活動は多岐に渡り、設立後4度の更新を経て'19年8月末までの活動延長が決まっている。今なお国内唯一の公共劇場専属舞踊団として、21世紀日本の劇場文化発展の一翼を担うべく、常にクリエイティブな活動を続けている。第8回朝日舞台芸術賞舞踊賞受賞。 www.noism.jp


LaBayadere_main_small.jpg[ 関連情報 ]
Noism 劇的舞踊 Vol.3
La Bayadère ラ・バヤデール-幻の国
2016年7月23日(sat) 18:30
  24日(sun) 16:30
静岡芸術劇場
SPAC-静岡県舞台芸術センター

[ 関連HP ]
金森穣オフィシャルサイト www.jokanamori.com
Noism HP www.noism.jp
SPAC spac.or.jp

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)