8/27(土),28(日) 演劇『ギャンブラーのための終活入門』

青年団リンク RoMT 第6回公演 + ツアー2016

20160828_01.jpg RoMT『ここからは山がみえる』より


『ギャンブラーのための終活入門』

戯曲:ガリー・マクネア  翻訳:小畑克典
演出:田野邦彦  出演:太田宏(青年団)


おしゃべりとギャンブルが大好きなおじいちゃん、アーチー。

ある夏の終わり、癌を患い余命1ヶ月と宣告されたアーチーは、
かつて1966年サッカーW杯でイングランド優勝に賭け
大当たりした時に得た大金のすべてを、自分自身の残りの人生に賭ける。

私たちは何のために生き、何を残して人生を終えるのか −−−。

2015年エディンバラ演劇祭で上演され、数々の賞を受賞するなど大きな注目を集めた
スコットランドの劇作家ガリー・マクネアによるハートウォーミングな新作一人芝居、
早くも日本で上演!

20160828_02.jpg RoMT『ここからは山がみえる』より


<静岡公演>

【日時】
8月27日(土)  19:00
8月28日(日)  14:00
受付開始および開場は、開演の30分前
各日公演終了後、アフタートークあり

【会場】
オルタナティブスペース スノドカフェ

【チケット料金】
全席自由席・ドリンク代別
一般 予約=2,500円 当日=3,000円
ユース(25歳以下)/シニア(60歳以上) 予約・当日共=1,500円
高校生以下 予約・当日共=1,000円

※未就学児童はご入場いただけません。
※ユース・シニア・高校生以下の皆様は、観劇当日受付にて年齢の証明ができるものをご提示ください。

【チケット予約開始日】
8月1日(月) 10時より

【チケット取り扱い・お問い合わせ】
青年団
http://www.seinendan.org (オンライン販売)
tel. 03-3469-9107 (12:00~20:00)

RoMT 代表アドレス
info@romt.org

【企画制作】
青年団リンク RoMT/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

【主催】
(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場


【プロフィール】

戯曲:ガリー・マクネア Gary McNair

スコットランド・グラスゴーを拠点として活躍する劇作家、演出家、パフォーマー。現在のロイヤル・コンセルヴァトワール・オブ・スコットランドを首席で卒業後、スコットランドの数々の主要劇場・劇団にて活動を開始。また劇作家としての作品は既に複数の言語に翻訳され、世界中で上演されている。2015年のエディンバラ・フェスティバル・フリンジに参加、トラヴァース劇場にて『A Gambler's Guide to Dying(ギャンブラーのための終活入門)』を上演。同作は「フリンジ・ファースト賞」を獲得、またその年にフリンジで上演された全作品の中からBBCが選定する「ベスト・ソロ・パフォーマンス」に取り上げられるなど、大きな話題となった。


演出:田野邦彦

演出家/ワークショップ・デザイナー

青年団演出部所属、青年団リンク・RoMT主宰
現在、NPO法人PAVLIC理事長、洗足学園音楽大学ミュージカルコース及び帝京大学短期大学非常勤講師

武蔵大学卒業後、1998年秋よりイギリス・ロンドンに留学。ミドルセックス大学大学院の演劇・演出コースに入学し、2001年MFAを修了して帰国。

2002年4月より、青年団演出部に所属。自主公演の企画や演出を行う傍ら、青年団主宰の平田オリザの演出助手、ワークショップ・アシスタントや海外公演での通訳などを数多く務める。2005年に自らの活動ユニットとして青年団リンクRoMTを立ち上げ、2010年8月にはイギリスを代表する新鋭劇作家マシュー・ダンスターの一人芝居『ここからは山がみえる(YOU CAN SEE THE HILLS)』の日本初演を演出。2011年1月に熊本、3月に愛知県小牧市でも上演された後、2013年4月に東京にて再演。続いてRoMT初の全国ツアーとして、福岡、北九州、大阪、京都、弘前、三鷹、静岡でも上演され、各地で大きな話題となった。
2015年3月、シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』を3週間に渡ってロングラン上演。全公演ソールドアウトを記録、急遽追加公演が実施されるも予約開始と同時に即完売するという、かつてない圧倒的な反響を呼んだ。

近年はワークショップ・デザイナーとして幅広く活動。小学校から高校まで全国各地の教育現場で「コミュニケーション能力の育成」を目指す演劇ワークショップのファシリテーターとして活躍するほか、幅広い社会テーマと演劇ワークショップのコラボレーションを全国各地で数多く手掛けている。


出演:太田宏(青年団)

俳優
1970年大阪府生まれ。青年団所属。

青年団では、『東京ノート』『ソウル市民』『ソウル市民1919』『冒険王』『新・冒険王』『海よりも長い夜』『御前会議』など平田オリザ作・演出作品に数多く出演している。2009年には平田オリザが手掛けた世界初のロボット演劇『働く私』にも出演し注目された他、国際演劇交流プロジェクト『別れの唄』『鳥の飛ぶ高さ』ではフランス語を駆使した演技が高く評価された。

2009年にはスイス・ローザンヌのThéâtre Vidy-Lausanneとフランス・レンヌのTNB-Centre européen théâtral et chorégraphiqueが共同制作したマルグリット・デュラス作『ヒロシマ・モナムール』に単独で参加。同プロダクションは2011年7月には静岡県舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」にて日本公演が行われた。

2013年9月には、パスカル・ランベール作・演出『愛のおわり』(青年団国際演劇交流プロジェクト、ジュヌヴィリエ国立演劇センター・こまばアゴラ劇場国際共同事業)に出演、静岡芸術劇場にて公演が行われた。『愛のおわり』は2016年12月にこまばアゴラ劇場での再演が予定されている。

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)