2016年9月アーカイブ

スノドカフェ七間町のある町名を七間町といいます。
明治のことは大衆演芸のメッカとして栄え、昭和は東海地方一と言われる映画街があったところ。
時代は変わり、まちの様子も変わりましたが、そんなエンターテイメントの面影を探しながら散歩しようと思います。

ふらふらと興味の赴くままに寄り道しながら。
最後はスノドカフェ七間町でダンサーたちのショートピース(小さな作品)を鑑賞します。


七間町界隈をダンサーと散歩してみる。

日時:2016年9月25日(日) 17:00 - 19:00
集合場所:スノドカフェ七間町
     静岡市葵区七間町7−8
     TEL:054-260-6173
参加費:1,500円(1ドリンク付)

*予約は必要ありませんが、お知らせ頂けると幸いです。

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

kuumori(クーモリ)CD「雲」RELEASE LIVE

クーモリ サンプル「雲」リリースライブ

日時:2016年9月22日(木祝) 開場/18:00 開演/19:00
会場:オルタナティブスペース・スノドカフェ(清水・狐ケ崎)
入場料:予約/2000円 当日/2500円 + 要1オーダー


<ご予約・お問い合せ>
電話:054-346-7669(12:00~20:00)
メール:お問い合せフォーム


2015年元旦に発足した哀楽狂想バンドプロジェクト
ミニアルバム「白」「黒」に続き
今夏、三部作ラストとなる「雲」をリリース
バンド名は故郷の天気から

http://kuumori.com

このイベントは【 スノドカフェ七間町 】で開催します。


メディアひろば Vol.2
トーク:ダブルヒロインの「距離」

スピーカー:大野左紀子(文筆家)
日時:2016月9月17日(土) 19:00〜21:00(受付18:30〜 途中休憩あり)
料金:1,500円(1ドリンク付)
場所:スノドカフェ七間町
   静岡市葵区七間町7−8


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム


近年、従来のヒロイン物語に替わってよく見られる「ダブルヒロインの物語」。
私たちがダブルヒロインに惹きつけられるのはなぜでしょうか。女の友情が美しく描かれているから? 
二人のどちらかに必ず感情移入できるから? 恋愛成就で一件落着‥‥にはもう飽きているから? 
まだまだ隠された理由がありそうです。映画やドラマに登場したダブルヒロイン物語の二つの系譜、
その「距離」を通して、女性同士の関係性について考えます。


■大野左紀子
1959年、名古屋生まれ。文筆家。1982年、東京藝術大学美術学部彫刻科卒業。
20年のアーティスト活動を経て、2003年文筆活動に入る。著書は『アーティスト症候群』(明治書院、2008)、『「女」が邪魔をする』(光文社、2009)、『アート・ヒステリー』(河出書房新社、2012)、『あなたたちはあちら、わたしはこちら』(大洋図書、2015)など。共著は『ラッセンとは何だったのか』(フィルムアート社、2013)、『現代アートの本当の学び方』(フィルムアート社、2014)など。現在、名古屋芸術大学、京都造形大学非常勤講師。

このイベントはスノドカフェのプロデュースにより、七間町このみる劇場(静岡市葵区)で開催します。

20160916_banner500_text.jpg

ラスコーが提示する答えは、
初めに私たちの中に薄暗く闇のままある。
薄暗く、 かろうじて半ばまでしか知覚できない。
それは最も古く、最も初めの答えであり、
その太古の闇には一縷の夜明けの光が
わずかに射すのみである。
ー ジョルジュ・バタイユ『内的体験-無神学大全』


« 夜弓 -Yomi- La flèche de la nuit » 静岡公演

出 演:音楽・装置:北学
    ダンス:朝弘佳央理
日 時:9月16日(金)
    19:00 開場 / 19:30 開演(公演は1時間ほどです)
場 所:七間町このみる劇場
    〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町11-5 イマココ3F
    TEL:054-269-5898
料 金:前売り 2,500円 / 当日 2,800円

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム


[ プロフィール ]

ダンス/振付
朝弘佳央理 Kaori Asahiro
18歳から舞台活動を始める。2005年よりLa Danse Contrastee、2007年からはAAPA/Away At Performing Artsに所属し、JCDN主催「踊りに行くぜ!」や大野一雄フェスティバルに出演。また、中村恩恵、Henning Brockhaus、Nicola Wendelの作品等、さまざまなプロジェクトにも参加。振付家としての主な作品には「輪郭」「Beads」「夜弓」「La Chamble vide」 などがある。現在はパリを拠点とし、役者・彫刻家・建築家などジャンルを問わず、さまざまなアーティストと共に作品づくりを行う。近年その活動はダンスのみに収まらず、2010年からは写真家としても活動、2011年からはウェブマガジン・アパートメントを主催し、アーティスト間の交流をはかっている。

音楽/美術/演出
北 学 Satoru Kita  彫刻、サキソフォン、作曲
1977年大阪生まれ。幼少期をシンガポールで過ごし、帰国後5歳から 15歳までチェロを学ぶ。96年、彫刻を学ぶため渡仏。97年、サックスと出会い、独学で習得。以後、ジャズやブラジル音楽を初め、即興やダンス・映像等、様々なジャンルのプロジェクトに参加。近年の主なものに、ダンサーとのプロジェクト「一音一舞」やスズキケンタロー氏とのデュオ「Otoms」、永井朋生氏とのコラボ、Toninho do carmo氏やRomulo Marques氏とのブラジル音楽等々。また、Pierre&Mattieu Carniaux兄弟監督の「Last room」等、映像作品にも精力的に音源を提供。物作りで培った視覚的・触覚的な質感を元に、音で絵を描くことに重きを置いている。

このイベントは【 スノドカフェ七間町 】で開催します。

静岡から考える ーー アート、パフォーマンス、コレオグラフィ


七間町ダイアログ Vol.5
3回連続ワークショップ (星野ゼミ)
「静岡から考える ーー アート、パフォーマンス、コレオグラフィ」

 第1回:アートとパフォーマンス
 第2回:自己のコレオグラフィ
 第3回:集団のコレオグラフィ
講師:星野太(美学/表象文化論)
日時:第1回 9月10日(土)19:00
   第2回 11月19日(土)時間未定
   第3回 12月10日(土)時間未定
場所:スノドカフェ七間町
   静岡県静岡市葵区七間町7−8
参加費:各回3,000円(税込、1ドリンク付)
    3回セット7,500円(税込、各回1ドリンク付)
    *1回のみの参加も可能です。

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

美術と演劇、身体と社会の交差をパフォーマンスという視点で考えていく3回連続ワークショップを開催します。

静岡はパフォーミングアーツに関していえば、ユニークな土地柄です。大道芸フェスティバルが市民主体で25年前に始まり、今や開催期間4日間で150万人を動員するに至りました。また静岡県は全国で他にないレジデンシャルカンパニー(専用劇場付き劇団)「SPAC-静岡県舞台芸術センター」を所有します。この公共劇団は創設から19年が経ち、アヴィニョン演劇祭の公式プログラムへの参加など国内外で高い評価を受けています。他方には市民劇団も多く、定期公演を繰り返すなど堅実な活動を続けています。近年のダンスブームは静岡でも見受けられ、コミュニティーダンスの分野では、市民ダンサーがプロダンサーに振り付けを依頼するなど、本格的な舞台にチャレンジしている例もあります。

公共と民間、路上と劇場。こうした対立はありますが、静岡ではそれらが少しずつ融合しているように見えます。今、静岡でパフォーミングアーツを通して、現代社会や地域のつながり、あるいは私たちの身体を考えてみるのは、一定の意義、実りがあるのではないでしょうか。こうした動機から、今回の連続ワークショップを開催してみることにしました。講師は注目の若手美学研究者星野太さん。WSは講義とディスカッションで構成します。より対話に重点を置いて進めていきます。

アートと社会のありさまを、今、静岡から考えてみませんか。
みなさまの参加をお待ちしています。

オルタナティブスペース・スノドカフェ代表 柚木康裕

泥沼コミュニティによる、今日の泥沼トラベルのレポート@スノドカフェ/リサーチについて考える

泥沼コミュニティが、イヴェント当日(=今日、2016年9月5日)に行った、泥沼トラベルをレポートします!
まずは当日のそこでの経験を共有することから始め、自分たちのこれまでの活動を振り返りつつ、ここスノドカフェに泥沼コミュニティを紹介してくださった、劇作家の岸井大輔さんと共に、近年さまざまな表現活動でよく耳にする「リサーチ」について、その利点や欠点、限界や可能性など、それぞれの活動事例からお話できればと思います。


今回のメンバー:
岸井大輔(劇作家)、泥沼コミュニティ(榎本浩子、沼下桂子、萩原綾乃)

日時:2016年9月5日(月)19:00-21:00

会場:オルタナティブスペース・スノドカフェ

参加費:1,500円(1 drink付き)

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)