9/22(金) 今日の世界は演劇によってモノマネできるか?

20170922_banner510.jpg


パフォーミング・アーツ グローバルスタディーズ Vol.2

今日の世界は演劇によってモノマネできるか?
 ――大岡淳戯曲選集――

第1部 大岡淳戯曲5選 名場面リーディング
 出演:蔭山ひさ枝 (劇団渡辺)、大岡淳
第2部 批評と対談
 ゲストコメンテーター 藤田直哉

日時:2017年9月22日(金) 19:30-22:00
場所:スノドカフェ七間町(静岡市葵区七間町7-8)
参加費:1800円(税込、1Drink付)*学割 1,000円
*予約不要


今年で芸歴25年となる大岡淳さんの戯曲作品の軌跡をたどりつつ、表象不可能な世界を表象するという逆説的な営為に、大岡戯曲が成功したか失敗したかを検証し、これにより、パフォーミングアーツを通して世界に触れる具体的な方法について考えていきます。ゲストコメンテーターとして、著書『シン・ゴジラ論』で話題の評論家、藤田直哉さんをお迎えします。


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム


[ プロフィール ]

藤田 直哉(ふじた・なおや)評論家。1983年、札幌生まれ。東京工業大学価値システム専攻博士(学術)。二松学舎大学、和光大学非常勤講師。著書『新世紀ゾンビ論』(筑摩書房)、『シン・ゴジラ論』『虚構内存在 筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉』(作品社)、笠井潔との対談『文化亡国論』(響文社)、編著に『地域アート 美学/制度/日本』(堀之内出版)など。

大岡 淳(おおおか・じゅん)

演出家・劇作家・批評家。1970年、兵庫県西宮市生まれ。現在、SPACー静岡県舞台芸術センター文芸部スタッフ、静岡文化芸術大学非常勤講師、梅光学院大学非常勤講師を務める。21世紀にふさわしいエンタテインメントの創造を目指し、県内外で活躍。代表的な戯曲に、『王国、空を飛ぶ!~アリストパネスの「鳥」~』(SPAC)、『奴隷入門』(無人劇場)等。編著に『21世紀のマダム・エドワルダ』(光文社)がある。

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)