演劇・朗読の最近のブログ記事

このイベントはスノドカフェ七間町で行われます。

ON-PAM会員提案企画@静岡

「制作者として生き残るためには何が必要か? ~地域からのキャリア形成を考える~」

ここ10数年で、大都市以外で活動する舞台芸術制作者が増えてきました。でも地方で舞台芸術制作をしていると、他の「プロの舞台芸術制作者」と出会う機会が少なく、どんなキャリア形成の可能性があるのか、イメージをもつことも容易ではありません。そこで、山口情報芸術センター(YCAM)などで働いた経験がおありで、舞台芸術制作者の人材育成・雇用環境整備のための中間支援組織EXPLATの発起人でもある岸正人さんを静岡にお招きして、静岡などで活動する舞台芸術制作者とお話しいただく機会を作ってみました。参加者のお話をうかがいながら、対話的な形式で進めたいと思います。

また、今年6月に「文化芸術基本法」が施行され、それをもとに、文化庁でこれから五年間の「文化芸術推進基本計画」の策定がはじまっています。文化審議会での議論では、「マネジメント人材の確保」や「地域のプラットフォームづくり」などが盛り込まれる見込みになっています。静岡で、地域で、舞台芸術に関わりつづけていくことを可能にするには、どのような政策が必要なのか。「文化芸術基本法」で変わったところを確認しつつ、一緒に考えていく会も同時に開催いたします。一人では(あるいは一つの組織では)解決できないような問題にぶつかった経験がおありの方、来年1月に予定されている同計画へのパブリックコメントなどにも反映させたいと思っておりますので、勉強会「静岡から舞台芸術制作者についての政策を提案する」にも、ぜひご参加ください。

日時:12月17日(日)
13:00-15:00: (A)ON-PAM政策提言調査室勉強会@静岡「静岡から舞台芸術制作者についての政策を提案する」
16:00-17:30:(B)「パラレルキャリアとしての舞台芸術制作」(本業を持ちながら舞台芸術制作者をしている方向け)
18:00-19:30:(C)「舞台芸術制作者、地域からのキャリア形成」(本業として舞台芸術制作をしている方向け)
19:30-21:30:(D)ディナー交流会((A)(B)(C)いずれの参加者もご参加いただけます。)

場所:スノドカフェ七間町(静岡県静岡市葵区七間町7-8)Google map

参加費:
(A):1ドリンク以上のご注文をお願いいたします。
(B)(C):1,000円(1ドリンク込み)
(D):1品以上のご注文をお願いいたします。
ゲスト:岸正人((仮称)豊島区新ホール劇場開設準備室、Explat発起人、元あうるすぽっと支配人)、矢作勝義(穂の国とよはし芸術劇場PLAT 芸術文化プロデューサー、(C)(D)のみ)
主催:横山義志(ON-PAM理事・政策提言調査室室長、SPAC-静岡県舞台芸術センター文芸部)
協力:スノドカフェ七間町、特定非営利活動法人舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)
予約先:スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173

[ お申し込み・問い合わせ ]
申し込みフォーム
※「問い合わせ種別」を「イベント予約」とし、コメント欄に「12/17(A)/(B)/(C)/(D)予約希望」などとご記入ください。Facebookイベントページへの参加表明でもご予約いただけます。参加者多数の場合、予約を締め切らせていただく場合がございますので、ご了承ください。

[ ゲストプロフィール ]

岸正人((仮称)豊島区新ホール劇場開設準備室課長、NPO法人Explat発起人・理事)

大阪芸術大学卒。黒テント赤い教室を経て、1986~96年青山スパイラルにて施設運営と制作に携わる。フリーランスとして若手ダンスカンパニーの海外ツアーや海外招聘を手掛け、98年より世田谷パブリックシアターにて制作や貸館運営を担当。2001年秋より山口情報芸術センターの開設準備を担い、開館後は施設特性であるメディアを取り入れたダンス・演劇の滞在制作や映画上映などを統括。08年より神奈川芸術劇場の開設準備を行い、開館後は広報営業、企画調整等を行う。12年よりあうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)支配人、16年度よりの兼務を経て現職。区が19年に開館を予定する1,300席の新ホールの開設準備室中。玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科非常勤講師、公益社団法人 全国公立文化施設協会理事。

矢作勝義(穂の国とよはし芸術劇場PLAT 事業制作部 芸術文化プロデューサー)

1965年生まれ。東京都世田谷区出身。
東京都立大学在学中から演劇活動を始める。学生時代の仲間との劇団活動を経て、1998年4月より世田谷パブリックシアターにて劇場勤務を始める。広報、施設管理、制作、技術、学芸などの業務を担当する。2012年4月より(公財)豊橋文化振興財団勤務。2013年4月30日『穂の国とよはし芸術劇場PLAT』開館を経て、2015年4月より現職。

このイベントは清水・狐ケ崎のスノドカフェで行われます。

サロメの嘆きっス


ダンス&演劇舞台
サロメの嘆きっス

出演:遠藤綾野(ダンサー)
   蔭山ひさ枝(俳優)
日時:2017年10月14日(土)19時
        15日(日)15時
場所:オルタナティブスペース・スノドカフェ(清水・狐ケ崎)
   静岡市清水区上原1-7-3 TEL:054-346-7669
入場料:ご予約 2,000円 / 当日 2,500円(1ドリンク付)

アフターパーティーのお知らせ
15日の終演後に演者と歓談できる機会を設けます。お気軽にご参加ください。
参加費:1,500円(軽食、1ドリンク付)

<お問い合せ>
電話:054-346-7669(12:00~20:00)
メール:お問い合せフォーム

20170922_banner510.jpg


パフォーミング・アーツ グローバルスタディーズ Vol.2

今日の世界は演劇によってモノマネできるか?
 ――大岡淳戯曲選集――

第1部 大岡淳戯曲5選 名場面リーディング
 出演:蔭山ひさ枝 (劇団渡辺)、大岡淳
第2部 批評と対談
 ゲストコメンテーター 藤田直哉

日時:2017年9月22日(金) 19:30-22:00
場所:スノドカフェ七間町(静岡市葵区七間町7-8)
参加費:1800円(税込、1Drink付)*学割 1,000円
*予約不要


今年で芸歴25年となる大岡淳さんの戯曲作品の軌跡をたどりつつ、表象不可能な世界を表象するという逆説的な営為に、大岡戯曲が成功したか失敗したかを検証し、これにより、パフォーミングアーツを通して世界に触れる具体的な方法について考えていきます。ゲストコメンテーターとして、著書『シン・ゴジラ論』で話題の評論家、藤田直哉さんをお迎えします。


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

NY滞在から見えてきた「演劇」と「アジア」


パフォーミング・アーツ グローバルスタディーズ

アジアのパフォーミング・アーツを考える(1)
NY滞在から見えてきた「演劇」と「アジア」
横山義志(SPAC文芸部、博士[演劇学・パリ10大学]、
     学習院大学非常勤講師)

日付:2017年7月25日(火) 19:30 - 21:30
場所:スノドカフェ七間町(静岡市葵区七間町7-8)
参加費:1500円(税込、1Drink付)
*予約不要
*問い合わせ(スノドカフェ七間町)
 TEL : 054-260-6173 / mail : info@sndcafe.net

横山氏はアジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)のフェローシップを獲得し、NYマンハッタンに6ヶ月滞在し、NYの演劇状況とアジア系アーティストの動向などを研究されました。多くの演劇関係者と出会う中で、それぞれが抱えているリアルな現状が見えてきたそうです。氏の研究対象がヨーロッパからアジアへ移行/回帰していくなかで、NYはどのようなアジアを照射したのでしょうか。パフォーミング・アーツの事象ですが、経済の問題として、政治の問題として、ナショナリティの問題として読み込むこともできるでしょう。そして同じアジア人の問題として知っておきたいことでもあり、今回このような対話イベントを企画しました。どなたさまも興味に引きつけてご参加ください。お待ちしております。

[ こんな話を聞いてみたい。。]
・地政学的にNYの演劇はどういう位置づけか
・アジアの同時代的な舞台芸術の難しさとは
・アジア系アメリカ人とアジアの関係は
・日本の取るべき進路は

[ こんな人に得に聞いてほしい ]
アートマネジメントを学んでいる。
舞台芸術に携わる方。
NYに興味ある方。
ACCに興味ある方。
留学を考えている方。
学生。
アジアに興味がある方。

[ イベント前後に飲食が可能です ]
職場から駆けつけて、お腹が空いたままでは対話に集中できないですね。
サンドイッチやカレーなどご用意しています。どうぞご利用ください。

朗読音楽会「ロバのおうじ」

朗読音楽会「ロバのおうじ」
出演:関根淳子(朗読)永田斉子(リュート)
プログラム:グリム童話「ロバのおうじ」(M.ジーン・クレイグ/再話)
      委嘱作品「待ち合わせ」(木村洋平/作)

日時:2017年3月25日(土)19時開演(18時30分開場)
場所:スノドカフェ七間町
   静岡県静岡市葵区七間町7−8 tel 054-260-6173
参加費:予約2500円/当日3000円(+1ドリンクオーダー)

後援:SPAC静岡県舞台芸術センター、平野雅彦(静岡大学特任教授)
協賛:日本平施術院
共催:劇団音乃屋&コンサートプロデュース・ルミエールプロジェ

ご予約:TIGET (インターネット予約) https://tiget.net/events/9074 
    メール robalute@gmail.com 
     (お名前、人数をお知らせ下さい。)

お問合せ:robalute@gmail.com (ロバのおうじ事務局)
     tel 080−5006−1305(永田)


35年以上にわたり版を重ねてきたベストセラー絵本「ロバのおうじ」。
魔法使いによってロバの姿で生まれた王子は、得意な楽器〈リュート〉一つを携えて、真実の愛を求めて旅に出ます。
随所にリュートを弾くシーンが登場するこの物語を、実際に古楽器リュートの演奏にのせて朗読します。
画像投影によりバーバラ・クーニー作の愛らしい挿絵もお楽しみいただきます。
「ロバのおうじ」に呼応する作品として委嘱された「待ち合わせ」を併せて公演。

・朗読音楽会「ロバのおうじ」は10年間40回以上の公演を重ねています。
・参照サイト http://seikonagata.com/projects-robalute  
・FBページ https://www.facebook.com/robalute/
・永田斉子公式サイト http://seikonagata.com

nagata-02_510.jpg

アノアとペロ


ピアノとドラム、かわいいたのしいアノアとペロさんが再び!
新曲を連れてご機嫌な夜をお届けしますー。

『ゴキゲンな夜を踊ろう 発売ツアー2017』
【出演】もよぽん(atomic farm)/アノアとペロ
【時間】開場19:00/開演19:30
【料金】予約¥2000/当日¥2500 (各オーダー別途)

<ご予約・お問い合せ>
電話:054-346-7669(12:00~20:00)
メール:お問い合せフォーム

[ プロフィール ]

<アノアとペロ>
anoä(アノア):ピアノと歌
ペロ魚谷:ミニドラムとたまに歌
トリオを超えた、シンプルデュオバンド。
2012年に始動。2013年にアルバム「まぐぱ」を発売。
アノアとペロが繰り広げる世界は、ファンタジーな絵本のようでもあり、リズムの効いたダンスミュージックでもあり、歌謡曲を漂わせたブルースでもあり、子供が口ずさむポップソングでもある。
anoäはピアノとツイストを踊り、ペロ魚谷はコミカルな見た目とドラマーをうならせるテクニックで、各地のバーやカフェ、野外イベントなどでゴキゲンライブを繰り広げ、大人から子供の心まで踊らせている。

http://anopero.tumblr.com/

このイベントはスノドカフェ3で行います。

SPACリーディングカフェ

SPAC-リーディングカフェ『夏の夜の夢』
日時:2017年2月14日(火)18:30~
会場:スノドカフェ3(スリー)
   静岡市葵区駿府町2‐90 静岡市民文化会館1階ロビー
参加費:1,500円(ワンドリンク付)

申し込み方法:SPACチケットセンターへお申し込みください。
SPACチケットセンターTEL.054-202-3399(受付時間10:00-18:00) 


スパックの人気アウトリーチ活動「リーディングカフェ」がスノドカフェ3で開催されます。声目は「SPAC秋→春のシーズン2016-2017」を締めくくる人気レパートリー『真夏の夜の夢』から。ナビゲーターはご存知SPAC俳優のリーカフェ伝道師奥野晃士さんがつとめます。初心者でも楽しめること間違いありません。お気軽にご参加ください。

リーディングカフェ情報はこちらへ:SPAC公式リーディングカフェ情報


公演情報

SPAC秋→春のシーズン2016-2017
恋の媚薬(びやく)がまきおこす、
てんやわんやのお祭りさわぎ!
『真夏の夜の夢』

詳しくはこちらへ→ SPAC公式『真夏の夜の夢』公演情報

今、演劇界が注目する劇作家、横山拓也(演劇ユニットiaku主宰)が、大阪の実力派女優に書き下ろし、武者修行全国ツアーで反響を呼んだ会話劇。ひ・ま・た・く版になって甦る!

himataku_banner495.jpg

『梨の礫の梨』

作:横山拓也(iaku)
改訂:平岡寧子
演出:ひ・ま・た・く
監修:久保庭尚子
出演:青衣朔良・平岡寧子

日時:
静岡公演
2016年10月7日(金)19:30開演
2016年10月8日(土)19:00開演
清水公演
2016年10月15日(土)19:00開演

場所:
静岡公演 スノドカフェ七間町
     静岡市葵区七間町7−8
     054-260-6173
清水公演 オルタナティブスペース・スノドカフェ
     静岡市清水区上原1−7−3
     054-346-7669

チケット 2,500円
ワンドリンク付/日付指定/自由席/定員制


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

[ story ]

barで10年物のマッカランを飲みながら、とりとめもなく管を巻く女。

そこに別の女が現れて...いつもと違う夜に戸惑う女。

偶然か?必然か?現れた女の目的は?

大切な人に伝えたいことは何ですか?

このイベントは【 スノドカフェ七間町 】で開催します。

静岡から考える ーー アート、パフォーマンス、コレオグラフィ


七間町ダイアログ Vol.5
3回連続ワークショップ (星野ゼミ)
「静岡から考える ーー アート、パフォーマンス、コレオグラフィ」

 第1回:アートとパフォーマンス
 第2回:自己のコレオグラフィ
 第3回:集団のコレオグラフィ
講師:星野太(美学/表象文化論)
日時:第1回 9月10日(土)19:00
   第2回 11月19日(土)時間未定
   第3回 12月10日(土)時間未定
場所:スノドカフェ七間町
   静岡県静岡市葵区七間町7−8
参加費:各回3,000円(税込、1ドリンク付)
    3回セット7,500円(税込、各回1ドリンク付)
    *1回のみの参加も可能です。

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

美術と演劇、身体と社会の交差をパフォーマンスという視点で考えていく3回連続ワークショップを開催します。

静岡はパフォーミングアーツに関していえば、ユニークな土地柄です。大道芸フェスティバルが市民主体で25年前に始まり、今や開催期間4日間で150万人を動員するに至りました。また静岡県は全国で他にないレジデンシャルカンパニー(専用劇場付き劇団)「SPAC-静岡県舞台芸術センター」を所有します。この公共劇団は創設から19年が経ち、アヴィニョン演劇祭の公式プログラムへの参加など国内外で高い評価を受けています。他方には市民劇団も多く、定期公演を繰り返すなど堅実な活動を続けています。近年のダンスブームは静岡でも見受けられ、コミュニティーダンスの分野では、市民ダンサーがプロダンサーに振り付けを依頼するなど、本格的な舞台にチャレンジしている例もあります。

公共と民間、路上と劇場。こうした対立はありますが、静岡ではそれらが少しずつ融合しているように見えます。今、静岡でパフォーミングアーツを通して、現代社会や地域のつながり、あるいは私たちの身体を考えてみるのは、一定の意義、実りがあるのではないでしょうか。こうした動機から、今回の連続ワークショップを開催してみることにしました。講師は注目の若手美学研究者星野太さん。WSは講義とディスカッションで構成します。より対話に重点を置いて進めていきます。

アートと社会のありさまを、今、静岡から考えてみませんか。
みなさまの参加をお待ちしています。

オルタナティブスペース・スノドカフェ代表 柚木康裕

青年団リンク RoMT 第6回公演 + ツアー2016

20160828_01.jpg RoMT『ここからは山がみえる』より


『ギャンブラーのための終活入門』

戯曲:ガリー・マクネア  翻訳:小畑克典
演出:田野邦彦  出演:太田宏(青年団)


おしゃべりとギャンブルが大好きなおじいちゃん、アーチー。

ある夏の終わり、癌を患い余命1ヶ月と宣告されたアーチーは、
かつて1966年サッカーW杯でイングランド優勝に賭け
大当たりした時に得た大金のすべてを、自分自身の残りの人生に賭ける。

私たちは何のために生き、何を残して人生を終えるのか −−−。

2015年エディンバラ演劇祭で上演され、数々の賞を受賞するなど大きな注目を集めた
スコットランドの劇作家ガリー・マクネアによるハートウォーミングな新作一人芝居、
早くも日本で上演!

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)