学びの最近のブログ記事

このイベントはスノドカフェ七間町で行われます。

ON-PAM会員提案企画@静岡

「制作者として生き残るためには何が必要か? ~地域からのキャリア形成を考える~」

ここ10数年で、大都市以外で活動する舞台芸術制作者が増えてきました。でも地方で舞台芸術制作をしていると、他の「プロの舞台芸術制作者」と出会う機会が少なく、どんなキャリア形成の可能性があるのか、イメージをもつことも容易ではありません。そこで、山口情報芸術センター(YCAM)などで働いた経験がおありで、舞台芸術制作者の人材育成・雇用環境整備のための中間支援組織EXPLATの発起人でもある岸正人さんを静岡にお招きして、静岡などで活動する舞台芸術制作者とお話しいただく機会を作ってみました。参加者のお話をうかがいながら、対話的な形式で進めたいと思います。

また、今年6月に「文化芸術基本法」が施行され、それをもとに、文化庁でこれから五年間の「文化芸術推進基本計画」の策定がはじまっています。文化審議会での議論では、「マネジメント人材の確保」や「地域のプラットフォームづくり」などが盛り込まれる見込みになっています。静岡で、地域で、舞台芸術に関わりつづけていくことを可能にするには、どのような政策が必要なのか。「文化芸術基本法」で変わったところを確認しつつ、一緒に考えていく会も同時に開催いたします。一人では(あるいは一つの組織では)解決できないような問題にぶつかった経験がおありの方、来年1月に予定されている同計画へのパブリックコメントなどにも反映させたいと思っておりますので、勉強会「静岡から舞台芸術制作者についての政策を提案する」にも、ぜひご参加ください。

日時:12月17日(日)
13:00-15:00: (A)ON-PAM政策提言調査室勉強会@静岡「静岡から舞台芸術制作者についての政策を提案する」
16:00-17:30:(B)「パラレルキャリアとしての舞台芸術制作」(本業を持ちながら舞台芸術制作者をしている方向け)
18:00-19:30:(C)「舞台芸術制作者、地域からのキャリア形成」(本業として舞台芸術制作をしている方向け)
19:30-21:30:(D)ディナー交流会((A)(B)(C)いずれの参加者もご参加いただけます。)

場所:スノドカフェ七間町(静岡県静岡市葵区七間町7-8)Google map

参加費:
(A):1ドリンク以上のご注文をお願いいたします。
(B)(C):1,000円(1ドリンク込み)
(D):1品以上のご注文をお願いいたします。
ゲスト:岸正人((仮称)豊島区新ホール劇場開設準備室、Explat発起人、元あうるすぽっと支配人)、矢作勝義(穂の国とよはし芸術劇場PLAT 芸術文化プロデューサー、(C)(D)のみ)
主催:横山義志(ON-PAM理事・政策提言調査室室長、SPAC-静岡県舞台芸術センター文芸部)
協力:スノドカフェ七間町、特定非営利活動法人舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)
予約先:スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173

[ お申し込み・問い合わせ ]
申し込みフォーム
※「問い合わせ種別」を「イベント予約」とし、コメント欄に「12/17(A)/(B)/(C)/(D)予約希望」などとご記入ください。Facebookイベントページへの参加表明でもご予約いただけます。参加者多数の場合、予約を締め切らせていただく場合がございますので、ご了承ください。

[ ゲストプロフィール ]

岸正人((仮称)豊島区新ホール劇場開設準備室課長、NPO法人Explat発起人・理事)

大阪芸術大学卒。黒テント赤い教室を経て、1986~96年青山スパイラルにて施設運営と制作に携わる。フリーランスとして若手ダンスカンパニーの海外ツアーや海外招聘を手掛け、98年より世田谷パブリックシアターにて制作や貸館運営を担当。2001年秋より山口情報芸術センターの開設準備を担い、開館後は施設特性であるメディアを取り入れたダンス・演劇の滞在制作や映画上映などを統括。08年より神奈川芸術劇場の開設準備を行い、開館後は広報営業、企画調整等を行う。12年よりあうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)支配人、16年度よりの兼務を経て現職。区が19年に開館を予定する1,300席の新ホールの開設準備室中。玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科非常勤講師、公益社団法人 全国公立文化施設協会理事。

矢作勝義(穂の国とよはし芸術劇場PLAT 事業制作部 芸術文化プロデューサー)

1965年生まれ。東京都世田谷区出身。
東京都立大学在学中から演劇活動を始める。学生時代の仲間との劇団活動を経て、1998年4月より世田谷パブリックシアターにて劇場勤務を始める。広報、施設管理、制作、技術、学芸などの業務を担当する。2012年4月より(公財)豊橋文化振興財団勤務。2013年4月30日『穂の国とよはし芸術劇場PLAT』開館を経て、2015年4月より現職。

マンボウのひみつ


静岡マンボウ祭り 〜『マンボウのひみつ』出版記念トーク 〜

スピーカー:澤井悦郎(『マンボウのひみつ』著者
日時:2017年10月7日(土) 19:00 - 21:00
場所:スノドカフェ七間町
参加費:1,500円(1D付、マンボウナゲット付)


その他のコンテンツ
マンボウライブペインティング Artist:ミサキ
作品展示 CDA認定チョークアーティスト:クルミ
静岡おでんを限定販売いたします。(一皿5本500円)


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム
*予約は必ずしも必要ではありませんが、ご予約頂いた方には優先的に座席をご用意します。

■   ■   ■   ■   ■   ■   ■   ■

岩波ジュニア新書から8月に出版された『マンボウのひみつ』を記念して著者澤井悦郎氏によるトークイベントを開催します。

澤井氏は出版に先駆けて「タモリ倶楽部」にも出演。マンボウひとつでタモさんを唸らせた変人です。笑

ぜひ、そのマニアぶりを見聞してください。きっとマンボウのことを何にも知らなかったって初めて気付くでしょう。(そもそもマンボウのことを考えることがないですけど!>_< 笑)

熱々のマンボウナゲットを用意してお待ちしています〜。^ ^


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

ゲンロン0観光客の哲学


「ゲンロン0観光客の哲学」読書会

日 時:平成29年8月29日(火)19:30〜21:30
場 所:スノドカフェ七間町(静岡県静岡市葵区七間町7−8)
参加費:無料(ただし、ドリンク等注文をお願いします)
定 員:10名
主 催:伊藤允彦


 批評家の東浩紀さんによる、約3年ぶりの単著である「ゲンロン0 観光客の哲学」の読書会をやります。 東さんの著作である『存在論的、郵便的』『動物化するポストモダン』『一般意志2.0』『福島第一原発観光地化計画』『弱いつながり』の続編とも捉えることのできる本著は、それゆえに非常に射程の広い内容となっています。
 今回の読書会では、特定の共同体に所属しつつ、消費の欲望に基づいて時折別の共同体を訪ねる「観光客」を切り口に、静岡の「観光客」について考えることができたらと思っています。


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

NY滞在から見えてきた「演劇」と「アジア」


パフォーミング・アーツ グローバルスタディーズ

アジアのパフォーミング・アーツを考える(1)
NY滞在から見えてきた「演劇」と「アジア」
横山義志(SPAC文芸部、博士[演劇学・パリ10大学]、
     学習院大学非常勤講師)

日付:2017年7月25日(火) 19:30 - 21:30
場所:スノドカフェ七間町(静岡市葵区七間町7-8)
参加費:1500円(税込、1Drink付)
*予約不要
*問い合わせ(スノドカフェ七間町)
 TEL : 054-260-6173 / mail : info@sndcafe.net

横山氏はアジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)のフェローシップを獲得し、NYマンハッタンに6ヶ月滞在し、NYの演劇状況とアジア系アーティストの動向などを研究されました。多くの演劇関係者と出会う中で、それぞれが抱えているリアルな現状が見えてきたそうです。氏の研究対象がヨーロッパからアジアへ移行/回帰していくなかで、NYはどのようなアジアを照射したのでしょうか。パフォーミング・アーツの事象ですが、経済の問題として、政治の問題として、ナショナリティの問題として読み込むこともできるでしょう。そして同じアジア人の問題として知っておきたいことでもあり、今回このような対話イベントを企画しました。どなたさまも興味に引きつけてご参加ください。お待ちしております。

[ こんな話を聞いてみたい。。]
・地政学的にNYの演劇はどういう位置づけか
・アジアの同時代的な舞台芸術の難しさとは
・アジア系アメリカ人とアジアの関係は
・日本の取るべき進路は

[ こんな人に得に聞いてほしい ]
アートマネジメントを学んでいる。
舞台芸術に携わる方。
NYに興味ある方。
ACCに興味ある方。
留学を考えている方。
学生。
アジアに興味がある方。

[ イベント前後に飲食が可能です ]
職場から駆けつけて、お腹が空いたままでは対話に集中できないですね。
サンドイッチやカレーなどご用意しています。どうぞご利用ください。

20170714_banner510.jpg

太陽の珈琲豆コナコーヒーの生産者がやってきます!

Kona Coffee Farmer's Story
(トークイベント、英語、通訳あり)
ハワイ島でコナコーヒー園を営むDr.Weigelt氏がコナの魅力を伝えます。

スピーカー:Kurt Weigelt (Ph.D.)
日時:2017年7月14日(金) 19:30 - 21:30
料金:1,000円(税込、ドリンク付)

要予約:予約方法(FB参加ボタン、メール、電話)

Weigelt氏は現在ハワイ島に住んで、コーヒーとマカデミアナッツを生産しています。
ハワイ島のコーヒーといえば世界的に有名なコナコーヒーです。有機栽培で丹精込めた生産しているコナコーヒーができるまでの物語を写真とヴィデオとともにお伝えします。また氏はB&B「A Beautiful Edge of the World Bed & Breakfast」も経営しており、その様子もお話し頂く予定です。どうぞお楽しみに。

A Beautiful Edge of the World Bed & Breakfast


[ profile ]

Kurt Weigelt

Early life -- supersonic jet pilot

Middle life -- Full professor at the Korea University of Foreign Studies in Seoul, author of 6 books

Later life -- coffee and macadamia nut farmer in Kona, founder and first president of the Hawaii International HOPE Foundation, farmer consultant in Malawi, Africa, writer for United Nation's International Council of Women

Married -- Kanae Naruoka of Shizuoka City in 2002, 11 year old daughter Jenna Mari


[ こんな人に特に聴いてほしい ]
ハワイ好き!コーヒー好き!自然が好き!
農業に興味ある。英語を話したい!
ゲストハウス、B&Bに興味ある!

[ イベント前後に飲食が可能です ]
職場から駆けつけて、お腹が空いたままではお話しに集中できないですね。
軽食やこの日限りのハワイ料理などご用意いたします。どうぞご利用ください。

このイベントは【 スノドカフェ七間町 】で開催します。

サラーム海上の出張メイハネ

Let's Meyhane Party! サラーム海上の出張メイハネ
本格的中東料理を楽しみましょう。
講師、料理:サラーム海上(中東料理研究家、音楽評論家、DJ)
日時:2017年6月23日(金) 19:00~

場所:スノドカフェ七間町
〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町7-8)
   Tel/Fax: 054-260-6173  E-mail:info@sndcafe.net
会費:4300円(料理7品、税込、ドリンク別)
定員:30名(要予約)

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

このイベントは【 スノドカフェ七間町 】で開催します。

Islam_banner510.jpg


七間町"市民"大学(構想)プレ講義
open class - 教養としての宗教
「イスラームに暮らす ~ 異国のライフスタイルを学ぶ」

第2回「カリグラフィ、モザイク、アーキテクト」
2017年6月14日(水)19:00 - 20:30
参加費:1,500円(税込)
定員:30名
会場:スノドカフェ七間町
予約不要

七間町"市民"大学(構想)プレ講義「イスラームに暮らす ~ 異国のライフスタイルを学ぶ」の第2回目を来週14日水曜日に開催します。前回の「ハラールを食べる」では食生活からイスラームとムスリムについて学びました。戒律がどのようなものかも少し理解できたと思います。2回目はカリグラフィや建築を取り上げて芸術文化の側面から学んでいきます。イスラームのアートとしてカリグラフィは有名ですが、それは偶像崇拝が禁止されているがゆえに発達したとも言われています。そうした宗教が創り出す環境を観察してみたいと思います。

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム


プロフィール

アサディ みわ / Essaadi Miwa
静岡ムスリム協会 事務局長
i.SOLUTIONSアイ・ソリューションズ 代表
静岡県ふじのくに観光振興アドバイザー(ムスリム分野)

大阪外国語大学卒(現・大阪大学外国語学部)米国ポートランド州立大学大学院公共行政学修士(2000)米国留学中にイスラムと出会い単身で入信。モロッコ人の夫と共にムスリムの生活・子育てをしながら、2010年より静岡ムスリム協会を設立・運営し、イスラム文化と地域をつなげるを活動を支援している。2013年に起業し、静岡県の観光・食・多文化共生におけるアドバイザーとして、講演活動及び異文化理解教育などに広く従事している。TEDxShizuokashi登壇(2016)・静岡市在住・4児の母。

bestseller28_banner.jpg

ベストセラー的読書会@スノドカフェ七間町 第28回
課題図書:『iアイ』西加奈子(ポプラ社)
ナビゲーター:花巻かおり(小説家)
日時:2017年6月8日(木) 19:00開場 19:30〜21:30
料金:1,500円(ワンドリンク付)


優しい両親、何不自由のない暮らし、おまけに成績もよく、目鼻立ちは美しい。
彼女の名前は、ワイルド曽田アイ。アメリカ人の父と日本人の母に育てられた、シリア出身の女性がこの物語の主人です。
 ところが、アイは幼い頃から、漠然とした不安に付きまとわれています。それは、自分が奇跡的に裕福であるということ。シリアのことは両親から知らされよく知っているが、シリアでの辛い出来事は身に覚えがない。
何か玩具をもらうたび、アイは「ほしいものを、手にすることができなかった子どもたちのことを、考えないといけないよ」と両親に言われます。
この言葉が愛を苦しめていく。
わたしは、「生き残ってしまった」わたしは「偶然選ばれたのだ」。
父親の転勤で、シリアからアメリカから日本へと環境を変えながら、アイは次第に大人しく、周囲の顔色を窺う子どもに成長していきます。両親や周囲から目を引いてしまう白い肌やカールしたまつ毛を持ち、小さく目立たないよう、馴染もうとしても、馴染むことができません。
ある日高校で、『この世にiは存在しません』と、言い放った数学教師の授業が、「わたし」自身を「うやむや」にしてくれているようで、アイは数学の虜なります。
タイトルからは、あらゆるものが連想でき、「愛」「i」は、人間の普遍的なテーマだと思います。
作中には、厳しい描写多々あり、アイという少女の目を通じて、否応なしに、あらゆるものの肯定、疑問が沸き起こってくることでしょう。西加奈子さんの作品のなかでは、もしかしたら一番辛いテーマを扱っているかもしれません。しかし、西さんが言うように、「愛」や「i」について、もちろん他のあらゆるテーマについても、参加者の数だけ、多くの「言葉」が飛び交う読書会になるとわたしは期待しています。
さらりと読めてしまいますが、思ったより中身の濃い作品です。読んで来られなかったけど、みなさんの感想から刺激を受けたい方も、ぜひ気軽に遊びにらしてくださいね(*^_^*) みなさんにお会いするのを楽しみにしています。
ナビゲーター 花巻かおり

恋愛ナイト

恋愛ナイト
第一部
恋愛演談
テキスト:『男は火星から、女は金星からやってきた』
ジョン・グレイ著
◾出 演
奥野晃士
深津美穂

第二部
恋愛鼎談
『幸せな恋愛をするために』
◾出 演
ナイト:深津美穂
司 会:柚木康裕
チューター:奥野晃士

日時:2017年3月9日(木)19時
会場:スノドカフェ七間町
住所:〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町7−8

申し込み:054-260-6173(スノドカフェ七間町)
参加費:2000円(ワンドリンク付、税込)
    学割席1000円(ワンドリンク付、税込、大学生以下10名限定)
主催:スノドカフェ
企画:街援隊アート・ムーブ

各界で活躍する様々なゲストを迎え、トークを展開する企画「ナイトシリーズ」第三弾。
今回は、恋愛カウンセラーとしても活躍するセラピスト、深津美穂さんを迎え、男と女が根本的に異なる考え方や行動パターンを持っていることに立脚し、恋愛を様々な角度から分析。一部はSPAC俳優の奥野晃士と世界的名著ジョン・グレイの『男は火星から女は金星からやってきた』をテキストにしての演談、二部はフリートークで恋愛に発展する要素や破局回避のポイントをわかりやすく解説します(ホントか?笑)。

このイベントは【 スノドカフェ七間町 】で開催します。

奄美で出会った黒潮文化。渡辺真也

「ユーラシアからヤポネシアへ ー 奄美で出会った黒潮文化」
プレゼンター:渡辺真也(映画監督、インディペンデントキュレーター)
日時:2017年2月25日(土) 19:00 - 21:00
場所:スノドカフェ七間町
参加費:1,500円(1ドリンク付)

<概要>
ヤポネシアとは、第二次大戦中に奄美の加計呂麻島に駐屯し、その後奄美大島の名瀬に移住した島尾敏夫が考案した概念であり、日本列島を「島々の連なり」として捉える海洋文明的な視点である。ユーラシア大陸を横断して大陸の視点を体得した渡辺真也が、奄美滞在を通じて見つけたもの、そして静岡へと連なる文化についてお話しします。 

<プレゼンター>
1980年沼津市生まれ。ベルリン工科経済大学講師。国民国家をテーマとした多くの現代美術展をキュレーションし、昨年映画「Soul Odyssey - ユーラシアを探して」にて監督デビューした。ニューヨーク大学大学院修士課程修了 後、世界57カ国を単発的に放浪。先日ベルリン芸術大学博士課程にて、ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイクのユーラシアをテーマとした博士論文を提出したばかり。

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)