学びの最近のブログ記事

NY滞在から見えてきた「演劇」と「アジア」


パフォーミング・アーツ グローバルスタディーズ

アジアのパフォーミング・アーツを考える(1)
NY滞在から見えてきた「演劇」と「アジア」
横山義志(SPAC文芸部、博士[演劇学・パリ10大学]、
     学習院大学非常勤講師)

日付:2017年7月25日(火) 19:30 - 21:30
場所:スノドカフェ七間町(静岡市葵区七間町7-8)
参加費:1500円(税込、1Drink付)
*予約不要
*問い合わせ(スノドカフェ七間町)
 TEL : 054-260-6173 / mail : info@sndcafe.net

横山氏はアジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)のフェローシップを獲得し、NYマンハッタンに6ヶ月滞在し、NYの演劇状況とアジア系アーティストの動向などを研究されました。多くの演劇関係者と出会う中で、それぞれが抱えているリアルな現状が見えてきたそうです。氏の研究対象がヨーロッパからアジアへ移行/回帰していくなかで、NYはどのようなアジアを照射したのでしょうか。パフォーミング・アーツの事象ですが、経済の問題として、政治の問題として、ナショナリティの問題として読み込むこともできるでしょう。そして同じアジア人の問題として知っておきたいことでもあり、今回このような対話イベントを企画しました。どなたさまも興味に引きつけてご参加ください。お待ちしております。

[ こんな話を聞いてみたい。。]
・地政学的にNYの演劇はどういう位置づけか
・アジアの同時代的な舞台芸術の難しさとは
・アジア系アメリカ人とアジアの関係は
・日本の取るべき進路は

[ こんな人に得に聞いてほしい ]
アートマネジメントを学んでいる。
舞台芸術に携わる方。
NYに興味ある方。
ACCに興味ある方。
留学を考えている方。
学生。
アジアに興味がある方。

[ イベント前後に飲食が可能です ]
職場から駆けつけて、お腹が空いたままでは対話に集中できないですね。
サンドイッチやカレーなどご用意しています。どうぞご利用ください。

20170714_banner510.jpg

太陽の珈琲豆コナコーヒーの生産者がやってきます!

Kona Coffee Farmer's Story
(トークイベント、英語、通訳あり)
ハワイ島でコナコーヒー園を営むDr.Weigelt氏がコナの魅力を伝えます。

スピーカー:Kurt Weigelt (Ph.D.)
日時:2017年7月14日(金) 19:30 - 21:30
料金:1,000円(税込、ドリンク付)

要予約:予約方法(FB参加ボタン、メール、電話)

Weigelt氏は現在ハワイ島に住んで、コーヒーとマカデミアナッツを生産しています。
ハワイ島のコーヒーといえば世界的に有名なコナコーヒーです。有機栽培で丹精込めた生産しているコナコーヒーができるまでの物語を写真とヴィデオとともにお伝えします。また氏はB&B「A Beautiful Edge of the World Bed & Breakfast」も経営しており、その様子もお話し頂く予定です。どうぞお楽しみに。

A Beautiful Edge of the World Bed & Breakfast


[ profile ]

Kurt Weigelt

Early life -- supersonic jet pilot

Middle life -- Full professor at the Korea University of Foreign Studies in Seoul, author of 6 books

Later life -- coffee and macadamia nut farmer in Kona, founder and first president of the Hawaii International HOPE Foundation, farmer consultant in Malawi, Africa, writer for United Nation's International Council of Women

Married -- Kanae Naruoka of Shizuoka City in 2002, 11 year old daughter Jenna Mari


[ こんな人に特に聴いてほしい ]
ハワイ好き!コーヒー好き!自然が好き!
農業に興味ある。英語を話したい!
ゲストハウス、B&Bに興味ある!

[ イベント前後に飲食が可能です ]
職場から駆けつけて、お腹が空いたままではお話しに集中できないですね。
軽食やこの日限りのハワイ料理などご用意いたします。どうぞご利用ください。

このイベントは【 スノドカフェ七間町 】で開催します。

サラーム海上の出張メイハネ

Let's Meyhane Party! サラーム海上の出張メイハネ
本格的中東料理を楽しみましょう。
講師、料理:サラーム海上(中東料理研究家、音楽評論家、DJ)
日時:2017年6月23日(金) 19:00~

場所:スノドカフェ七間町
〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町7-8)
   Tel/Fax: 054-260-6173  E-mail:info@sndcafe.net
会費:4300円(料理7品、税込、ドリンク別)
定員:30名(要予約)

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

このイベントは【 スノドカフェ七間町 】で開催します。

Islam_banner510.jpg


七間町"市民"大学(構想)プレ講義
open class - 教養としての宗教
「イスラームに暮らす ~ 異国のライフスタイルを学ぶ」

第2回「カリグラフィ、モザイク、アーキテクト」
2017年6月14日(水)19:00 - 20:30
参加費:1,500円(税込)
定員:30名
会場:スノドカフェ七間町
予約不要

七間町"市民"大学(構想)プレ講義「イスラームに暮らす ~ 異国のライフスタイルを学ぶ」の第2回目を来週14日水曜日に開催します。前回の「ハラールを食べる」では食生活からイスラームとムスリムについて学びました。戒律がどのようなものかも少し理解できたと思います。2回目はカリグラフィや建築を取り上げて芸術文化の側面から学んでいきます。イスラームのアートとしてカリグラフィは有名ですが、それは偶像崇拝が禁止されているがゆえに発達したとも言われています。そうした宗教が創り出す環境を観察してみたいと思います。

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム


プロフィール

アサディ みわ / Essaadi Miwa
静岡ムスリム協会 事務局長
i.SOLUTIONSアイ・ソリューションズ 代表
静岡県ふじのくに観光振興アドバイザー(ムスリム分野)

大阪外国語大学卒(現・大阪大学外国語学部)米国ポートランド州立大学大学院公共行政学修士(2000)米国留学中にイスラムと出会い単身で入信。モロッコ人の夫と共にムスリムの生活・子育てをしながら、2010年より静岡ムスリム協会を設立・運営し、イスラム文化と地域をつなげるを活動を支援している。2013年に起業し、静岡県の観光・食・多文化共生におけるアドバイザーとして、講演活動及び異文化理解教育などに広く従事している。TEDxShizuokashi登壇(2016)・静岡市在住・4児の母。

bestseller28_banner.jpg

ベストセラー的読書会@スノドカフェ七間町 第28回
課題図書:『iアイ』西加奈子(ポプラ社)
ナビゲーター:花巻かおり(小説家)
日時:2017年6月8日(木) 19:00開場 19:30〜21:30
料金:1,500円(ワンドリンク付)


優しい両親、何不自由のない暮らし、おまけに成績もよく、目鼻立ちは美しい。
彼女の名前は、ワイルド曽田アイ。アメリカ人の父と日本人の母に育てられた、シリア出身の女性がこの物語の主人です。
 ところが、アイは幼い頃から、漠然とした不安に付きまとわれています。それは、自分が奇跡的に裕福であるということ。シリアのことは両親から知らされよく知っているが、シリアでの辛い出来事は身に覚えがない。
何か玩具をもらうたび、アイは「ほしいものを、手にすることができなかった子どもたちのことを、考えないといけないよ」と両親に言われます。
この言葉が愛を苦しめていく。
わたしは、「生き残ってしまった」わたしは「偶然選ばれたのだ」。
父親の転勤で、シリアからアメリカから日本へと環境を変えながら、アイは次第に大人しく、周囲の顔色を窺う子どもに成長していきます。両親や周囲から目を引いてしまう白い肌やカールしたまつ毛を持ち、小さく目立たないよう、馴染もうとしても、馴染むことができません。
ある日高校で、『この世にiは存在しません』と、言い放った数学教師の授業が、「わたし」自身を「うやむや」にしてくれているようで、アイは数学の虜なります。
タイトルからは、あらゆるものが連想でき、「愛」「i」は、人間の普遍的なテーマだと思います。
作中には、厳しい描写多々あり、アイという少女の目を通じて、否応なしに、あらゆるものの肯定、疑問が沸き起こってくることでしょう。西加奈子さんの作品のなかでは、もしかしたら一番辛いテーマを扱っているかもしれません。しかし、西さんが言うように、「愛」や「i」について、もちろん他のあらゆるテーマについても、参加者の数だけ、多くの「言葉」が飛び交う読書会になるとわたしは期待しています。
さらりと読めてしまいますが、思ったより中身の濃い作品です。読んで来られなかったけど、みなさんの感想から刺激を受けたい方も、ぜひ気軽に遊びにらしてくださいね(*^_^*) みなさんにお会いするのを楽しみにしています。
ナビゲーター 花巻かおり

恋愛ナイト

恋愛ナイト
第一部
恋愛演談
テキスト:『男は火星から、女は金星からやってきた』
ジョン・グレイ著
◾出 演
奥野晃士
深津美穂

第二部
恋愛鼎談
『幸せな恋愛をするために』
◾出 演
ナイト:深津美穂
司 会:柚木康裕
チューター:奥野晃士

日時:2017年3月9日(木)19時
会場:スノドカフェ七間町
住所:〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町7−8

申し込み:054-260-6173(スノドカフェ七間町)
参加費:2000円(ワンドリンク付、税込)
    学割席1000円(ワンドリンク付、税込、大学生以下10名限定)
主催:スノドカフェ
企画:街援隊アート・ムーブ

各界で活躍する様々なゲストを迎え、トークを展開する企画「ナイトシリーズ」第三弾。
今回は、恋愛カウンセラーとしても活躍するセラピスト、深津美穂さんを迎え、男と女が根本的に異なる考え方や行動パターンを持っていることに立脚し、恋愛を様々な角度から分析。一部はSPAC俳優の奥野晃士と世界的名著ジョン・グレイの『男は火星から女は金星からやってきた』をテキストにしての演談、二部はフリートークで恋愛に発展する要素や破局回避のポイントをわかりやすく解説します(ホントか?笑)。

このイベントは【 スノドカフェ七間町 】で開催します。

奄美で出会った黒潮文化。渡辺真也

「ユーラシアからヤポネシアへ ー 奄美で出会った黒潮文化」
プレゼンター:渡辺真也(映画監督、インディペンデントキュレーター)
日時:2017年2月25日(土) 19:00 - 21:00
場所:スノドカフェ七間町
参加費:1,500円(1ドリンク付)

<概要>
ヤポネシアとは、第二次大戦中に奄美の加計呂麻島に駐屯し、その後奄美大島の名瀬に移住した島尾敏夫が考案した概念であり、日本列島を「島々の連なり」として捉える海洋文明的な視点である。ユーラシア大陸を横断して大陸の視点を体得した渡辺真也が、奄美滞在を通じて見つけたもの、そして静岡へと連なる文化についてお話しします。 

<プレゼンター>
1980年沼津市生まれ。ベルリン工科経済大学講師。国民国家をテーマとした多くの現代美術展をキュレーションし、昨年映画「Soul Odyssey - ユーラシアを探して」にて監督デビューした。ニューヨーク大学大学院修士課程修了 後、世界57カ国を単発的に放浪。先日ベルリン芸術大学博士課程にて、ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイクのユーラシアをテーマとした博士論文を提出したばかり。

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

≪シズオカ×マルタ≫――民俗が音楽になるとき

≪シズオカ×マルタ≫
民俗が音楽になるとき
静岡県森町の天宮神社に伝わる十二段舞楽の納曾利と
地中海の島国マルタ共和国の民俗アーナとの出会い

日時:2017年2月11日(土)
 昼公演 13:30開場 14:00開演
 夜公演 19:00開場 19:30開演
 (夜公演は、ポスト・パフォーマンス・トークあり)

場所 オルタナティブスペース・スノドカフェ
(静岡市清水区上原1-7-3 リサイクルブティックスノードール2階)
入場無料 (要 事前予約)
※申し込み方法は下記に記載

≪シズオカ×マルタ≫

静岡県周智郡森町の天宮神社に伝わる十二段舞楽の納曾利。地中海の島国マルタの民俗アーナ。このふたつの伝承音楽が、静岡在住の作曲家、渡会美帆によって、フルート、ギター、トイオーケストラの「音楽」として再編成され、演奏される。


民俗が音楽になるとき

今日においては当事者以外にはほとんど社会からかえりみられない「民俗(フォークロア)」を「音楽」に転写することで、どのような現象が起きるのか、ひいてはどのように「音楽」として切り出すのか、「民俗」が「音楽」になるのはどういうことなのかを、実際の楽曲製作の演奏を通して、実践的に考察する。


演奏予定曲目

納曾利(静岡県周智郡森町天宮神社十二段舞楽より)
アーナ(タル・ファット、フィローリ、マッキェッタ、ボッタ・ウ・リスポスタ)
納曾利とアーナが出あうとき~Nasori meets Ghana~(世界初演) など


演奏:カミレーリ・ルチーニ・デュオ
    フルート:フィオレッラ・カミレーリ
    ギター:ルカ・ルチーニ
   渡会美帆 (トイ・オーケストラ)
作曲:渡会美帆

コーディネーター:フィオレッラ・カミレーリ 谷口政弘
助成:Arts Council Malta Research Grant(RSG 09-F 1833)
協力:天宮神社十二段舞楽保存会 オルタナティブスペース・スノドカフェ
   比留間洋一(静岡県立大学国際関係学部助教) 


予約方法
 ①昼または夜 希望する公演 ②氏名 ③人数 ④連絡先 を明記して下記にメール
  fee19831@gmail.com (英語専用)
 あるいは、
 前日当日に限りスノドカフェへ直接電話あるいはお問い合わせフォームからもで可能です。
 (ただし定員に達した場合は予告なく締め切らせて頂きます)
<ご予約・お問い合せ>
電話:054-346-7669(12:00~20:00)
メール:お問い合せフォーム

Lateral Thinking through artistic collaboration:
Maltese ghana and Japanese Nasori

「アーティスティック・コラボレーションを通じた水平思考:マルタのアーナと日本の納曾利」は、アーツ・カウンシル・マルタの助成(RSG 09-F 1833)によって実施されるプログラムである。2017年2月に静岡で音楽制作に取り組み、同年5月にマルタで、ダンサーを加えた公演を行う。

このイベントは【 スノドカフェ七間町 】で開催します。

低糖質クリスマスナイトfrom 森町


低糖質クリスマスナイトfrom 森町
話題の「ロカボ」な食事と共に森町の魅力を森町在住のハニー&ミカ夫妻がお届けします。

日時:2017年12月24日(土)19:00 - 21:00
場所:スノドカフェ七間町
料金:¥2,700-(税込) 低糖質ディナープレート&ドリンク
募集人数:20名(要予約)

<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム


[ 講師(料理とお話)]

ハニー(中村充男)大阪府出身
田舎暮らしに憧れ、6年前に単身森町に移住する。移住して1年間は有機農家にて森町の特産品(トウモロコシ・レタス・お茶など)の生産を学ぶ。その後、野菜の移動販売業を開始。主に浜松方面への有機無農薬野菜の販売を行う。移住3年目にミカ(今年の4月に結婚)と出会い、露店スタイルにての飲食業を開始。

ミカ(中村美香)浜松市出身
海外生活豊富な経験を活かしたミカのジャンルを問わない独創的な料理が話題を呼び、現在はお料理教室やランチ会を県西部地区にて展開中。今後は自身の住む魅力あふれる森町の魅力を最近話題のロカボ(低糖質)食と供に、静岡市、東京方面に向けて情報を発信しつつ、森町の地域活性化を計る。


都会から森町に移住したハニーさん。ミカさんと出会い、現在お二人は、森町の山間部にセルフビルドで建てた住まいで生活しています。農業や食の仕事を営みながら森町の賑わいづくりにも奮闘し、山間部と街を繋ぎたいという想いから各地のマルシェに出店しています。スノドカフェはそうした生産者や活動している方に、街での情報発信基地として利用してほしいので、今回の企画と相成りました。ロカボのお話はもとより、農業や山間部での生活に興味のある方にも満足頂ける時間となると思います。どうぞお楽しみに。

20161224_01.jpg
参考例 ロカボ(低糖質)プレート

20161224_02.jpg
森町観光スポット カワセミ湖

星野ゼミ

七間町ダイアログ Vol.5
3回連続ワークショップ (星野ゼミ)第3回(最終回)
「静岡から考える ーー アート、パフォーマンス、コレオグラフィ」
 第3回:集団のコレオグラフィ
講師:星野太(美学/表象文化論)
日時:12月10日(土)19時〜
場所:スノドカフェ七間町
   静岡県静岡市葵区七間町7−8
参加費:3,000円(税込、1ドリンク付)
    (学割 2,000円)


【 ワークショップ内容 】
第3回:集団のコレオグラフィ
 ・課題発表「自分と他人のあいだに存在する『振付』を考えてみる」
 ・静岡という場から、アート、パフォーマンス、コレオグラフィを考える
 ・補足とまとめ

[ 打ち上げのお知らせ ]
星野ゼミ懇親会(鍋会)
時間:WS終了後
料金:2,000円(飲食オールフリー)


<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

アーカイブ

オルタナティブスペース・スノドカフェ

「共有する」をテーマに、アート・デザイン・音楽・フード・ファッション・エコなどを通して幅広くコミュニケーションできるサロン的スペースです。

■ カフェ営業 11:30 ~ 18:30
(定休日 火・水)
■ 夜は貸切営業となります。

【住所】
静岡県静岡市清水区上原1-7-3
リサイクルブティック・スノードール2F
【電話】054-346-7669
ご予約・お問い合わせもこちらまで。
【メール】
infoアットマークsndcafe.net
(メールでも承ります)